ここから本文です

嵐 松本潤、高畑裕太と歌広場淳による“松潤の取り合い”を一蹴 「どっちも興味ねーわ!」

リアルサウンド 7/29(金) 12:04配信

 嵐が番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、“体感型アミューズメントゲームバラエティー”番組『VS嵐』(フジテレビ)が7月28日にオンエア。チーム元野球部として、出川哲朗、石井一久、柴田英嗣(アンタッチャブル)、古閑美保、ダレノガレ明美、高畑裕太が登場した。

 番組冒頭、7月29日から31日にかけて鹿児島アリーナにて『ARASHI“Japonism Show”in ARENA』を開催することについて、櫻井翔が「結構空いたよね」と2カ月近くツアー日程期間が空いたことを話した。振り付けに関して二宮和也は「すっかり忘れてる」と述べると、松本潤は“覚えてる派”、二宮は“ギリ”覚えているという流れになり、視線が相葉雅紀へと集中すると二宮が「相葉さん、確認なんですけどコンサートをやったのは覚えてる?」と質問。相葉は「コンサートをやったことは覚えてるんですけど、(振り付けは)みんなは思い出すかもしれないよ。俺は覚えなおしだからね、ゼロだから」と力説し、スタジオに笑いが起こった。

 ターゲットの黄色風船を制限時間内に吹き矢を使っていくつ割れるかを競うゲーム「バルーンシューティング」では、高畑が仲の良い松本に吹き矢を向ける動作を見せると松本が「お前なに向けてんだよ」と述べ、高畑は手でハートマークを作りながら松本への思いを行動に表した。それに対し、二宮が松本に「あいつの最近のライバル、歌広場淳ですよ」と耳打ちすると、「あの人のTweet半端ない」とライバルに向けジェラシーを抱いた。二宮が「松本を取り合ってるんじゃないよ」と話すと、高畑は松本に「ダメですよ。1人にしぼらないと」と呼びかけ、「どっちも興味ねーわ!」と松本が一蹴し笑いを誘った。

 各チーム1人ずつ交互に投球し、出た球速がそのまま得点になるゲーム「スピードガン対決」では、嵐チームから「木更津のエース」として櫻井が登場。「木更津のバンビです! よろしく!」と櫻井がドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)の配役のセリフを叫ぶとスタジオには歓声が沸いた。櫻井の投球は低めにストライクとなり、櫻井は「オンエアではCGになってるんですよね? 火出てるんでしょ」と述べ笑いが起きた。

 最終的には、嵐チームが勝利した今回の放送。次回8月4日のオンエアでは、映画『秘密 THE TOP SERCRET』チームの生田斗真、岡田将生、栗山千明、大倉孝二、木南晴夏、前野朋哉、プラスワンゲストにFUJIWARAを迎える予定だ。

向原康太

最終更新:7/29(金) 12:04

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。