ここから本文です

エメリPSG、レアルに完勝も慎重「向こうは主力がいなかった」

フットボールチャンネル 7/29(金) 8:40配信

レアル・マドリーとのプレシーズンマッチに3-1で完勝したパリ・サンジェルマン(PSG)。ウナイ・エメリ監督は「マドリーは主力がいなかった」と結果を慎重に受け止めている。28日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

セビージャをヨーロッパリーグ3連覇へ導いた知将は、「今はプレシーズンだ。結果は重要ではない」と完勝にも素っ気ない。そして、「確かに、結果やプレー内容は我々に自信を与えてくれるし、物事が順調に行っているが、慎重でなければならない」と続ける。

そして、悲願のチャンピオンズリーグに向け、立ちはだかるであろうマドリーには「主力がいなかった。まだマドリーには多くの事が欠けていたが、それもそうであろう」と述べ、「両チームの目標は、それぞれが目指すところへの準備である。この試合で我々が特別大きな何かを与えたわけではない」とお互い準備段階であることを強調する。

8月9日には古巣セビージャがマドリーとUEFAスーパーカップを戦うが、「見るつもりだ。もちろんセビージャに勝ってもらいたい」とエールを送るエメリ。そして、PSGという自身の新たなクラブで「皆、さらなる高みを望んでいる」と、フランスの絶対王者からのステップアップを狙う。新生エメリPSGの挑戦はまだ始まったばかりだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 8:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。