ここから本文です

T・コレット&D・バリモア共演『マイ・ベスト・フレンド』特報&ポスター公開へ

リアルサウンド 7/29(金) 13:38配信

 トニ・コレット&ドリュー・バリモア初共演作『マイ・ベスト・フレンド』より、特報とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、『トワイライト~初恋~』『赤ずきん』のキャサリン・ハードウィック監督最新作。幼い頃からの大親友ミリーとジェスの友情を描く。『リトル・ミス・サンシャイン』のコレットがミリー役、『チャーリーズ・エンジェル』のバリモアがジェス役をそれぞれ演じるほか、『ドラキュラ ZERO』のドミニク・クーパー、『パレードへようこそ』のパディ・コンシダインらが出演する。

 このたび公開された特報では、幼い頃からの大親友であるミリーとジェスの友情と、ミリーの乳がん、ジェスの妊娠という大きな出来事が起こる模様が描かれる。一方のポスタービジュアルには、“あなたがいない明日を、あなたがくれた強さで生きる。”のコピーとともに、2人の笑顔が捉えられている。

 また、本作の日本版テーマソングが、平原綾香の「STAR」に決定。この楽曲は、4月27日にリリースされた9枚目のアルバム『LOVE』に収録されており、平原からはコメントが寄せられている。

■平原綾香 コメント

『マイ・ベスト・フレンド』は30代で観た映画の中で、一番好きな映画になりました。この映画の日本版テーマソングを歌えるということはすごく喜びがありましたし、私が自分で作詞をした想いのこもった曲が選ばれたということもとても嬉しかったです。この映画は、女性同士の深い友情を綴った、そして笑顔と涙で溢れてしまう、最高の映画です! 最後は涙が溢れて思わず声が出てしまうくらい感動しました。ぜひ大切な人と観て頂ければと思っています。
「STAR」は、今まで支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込めていますが、まさにミリーとジェスの二人の友情が描かれているようで、この映画にぴったりの曲になったと思います。照れくさくて今まで言えなかった分の「ありがとう」を伝えられる曲です。ぜひ自分の人生のテーマソングだと思って聴いて頂ければ嬉しいです!

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 13:38

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。