ここから本文です

ナスリは少し太り過ぎ? マンC監督が体型を指摘「今は遥かに良くなったけど…」

フットボールチャンネル 7/29(金) 10:10配信

 マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、フランス代表MFサミル・ナスリの体型を指摘した。28日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 シティの新指揮官となったグアルディオラ監督は、ピザの禁止や高カロリーの食事を制限するなどして選手たちに食の改善を求めていた。DFガエル・クリシーは一部の選手が体型を理由にトレーニングに参加できていない現状を暴露しており、グアルディオラ監督の厳しい指導が明らかになっている。そんな中、グアルディオラ監督はナスリの体型について言及した。

「サミルは少し太りすぎた状態で戻ってきた。でも今は遥かに良くなったよ。彼は少し太りすぎていたから中国に行っている間は多くのことと戦うことになった。昨シーズン、彼は太りすぎていたしシーズンのほとんどを負傷したまま過ごしている。だから今回、我々はそれを回避したいんだ」

 太り過ぎにより俊敏な動きができないだけでなく、怪我につながる恐れもある。グアルディオラ監督はそう考えて、選手たちに食の改善を要求しているのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 10:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。