ここから本文です

松坂桃李&菅田将暉主演『キセキ』、グリーンの髪に口ひげを生やした松坂の姿公開

リアルサウンド 7/29(金) 13:36配信

 松坂桃李&菅田将暉主演『キセキ ーあの日のソビトー』より、松坂桃李演じるJINの姿が公開された。

 本作は、GReeeeNの楽曲「キセキ」誕生のバックボーンとなる青春映画。GReeeeNのプロデューサーJINと、JINの実の弟でGReeeeNのリーダーHIDEが、家族との衝突を経ながら、仲間と共に進むべき道を見つけ出し、前へと進んでいく姿を描く。

 GReeeeNのプロデューサー・JIN役を松坂、JINの実の弟でGReeeeNのリーダー・HIDE役を菅田がそれぞれ演じるほか、忽那汐里、小林薫、麻生祐未、平祐奈、早織、奥野瑛太、大村真司、きあら、野間口徹らが出演する。

 このたび公開された場面写真では、松坂がグリーンの髪に口ひげを生やし、ピアスやタトゥーをしたバンド時代のJINの姿に扮している姿が捉えられている。グリーンの髪は松坂自ら提案したといい、劇中ではメタルバンド“ハイスピード”のボーカルとして、松坂自身が歌うシーンもある。松坂は、映画化にあたり実際に会ったにJINの印象を、「人を惹きつけ、運気を上げてくれそうな“パワースポット”のようなJINさん」とコメントし、「そんな魅力的で、かつ実態が明かされていない実在の人物を演じることに責任を感じます」と語った。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 13:36

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。