ここから本文です

35歳エトー、トルコ王者のベシクタシュと個人合意。残すはクラブ間交渉のみ

フットボールチャンネル 7/29(金) 10:20配信

 トルコ1部のアンタルヤスポルに所属する元カメルーン代表FWサミュエル・エトーがベシクタシュ移籍で合意したようだ。28日に伊メディア『カルチョニュース24』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同メディアによると、昨季リーグ優勝したベシクタシュがエトーと個人合意に達したとのこと。残すはアンタルヤスポルとの交渉のみで、条件がまとまれば移籍が決まる見通しとなっている。

 エトーは昨季公式戦32試合に出場し20得点を決める活躍を見せていた。かつてバルセロナやインテル、チェルシーなどでもプレーした経験がある。35歳になってもなお、持ち前の得点能力は衰えていないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 10:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ