ここから本文です

リリー・ジェームズ主演『高慢と偏見とゾンビ』予告映像、ラブロマンスから一転してゾンビが登場!?

リアルサウンド 7/29(金) 13:49配信

 リリー・ジェームズ主演作『高慢と偏見とゾンビ』より、予告映像が公開された。

 本作は、ジェーン・オースティンによる恋愛小説『高慢と偏見』の舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換え、200万部越えを記録した同名小説を映画化したもの。18世紀イギリスの片田舎を舞台に、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを描く。

 メガホンを取ったのは、『セブンティーン・アゲイン』のバー・スティアーズ監督。主人公であるベネット家の次女エリザベス役を『シンデレラ』のリリー・ジェームズ、大富豪の騎士ダーシー役を『マレフィセント』のサム・ライリーがそれぞれ演じる。

 このたび公開された予告編映像は、『高慢と偏見』というタイトルで、絢爛豪華な衣装に身を包んだ中世・イギリスの紳士淑女たちが、真実の愛を求めてラブロマンスを繰り広げるシーンから始まる。映像の中盤で、ヒロイン・エリザベスの背後にゾンビが現れ一転。タイトルも『高慢と偏見とゾンビ』に変化し、ベネット家の5人姉妹とダーシーが、ゾンビと闘う姿が収められている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 13:49

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。