ここから本文です

主力CB総崩れで緊急事態のアーセナル ドイツ代表“58億円”DF獲得を狙う

Football ZONE web 7/29(金) 17:35配信

離脱者続出のアーセナルがムスタフィに白羽の矢 実際には47億円で獲得可能か

 アーセナルがバレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィの獲得に向けて、クラブ間交渉を行っていることが判明した。独衛星放送「スカイ・ドイツ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 バレンシアは2014年ブラジル・ワールドカップ優勝メンバーの一人でもあるムスタフィの契約解除金を5000万ユーロ(約58億円)と設定しているようだが、実際には3000万ユーロ(約35億円)に1000万ユーロ(約12億円)のボーナスという内容で、アーセナルは獲得できる可能性があるとレポートされている。

 ムスタフィは現在、欧州選手権(EURO)後のバカンスからチームに戻っている。バレンシアは29日からフィンランド遠征に向かうが、同選手の代理人はスペインでアーセナル側と移籍金についての交渉を行うという。

 アーセナルは新主将候補の元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーがプレシーズンマッチで膝を負傷。年内絶望と報じられている。そのほか、EUROで決勝までプレーして疲労の溜まっているフランス代表DFローラン・コシエルニーはプレミアリーグ開幕戦に間に合うか微妙で、扁桃炎を患ったブラジル代表DFガブエル・パウリスタはアメリカ遠征に不参加となるなど、レギュラー陣総崩れの状態となっている。アーセン・ベンゲル監督もCBの補強が必要であると訴えていた。

各国クラブを渡り歩いた異色の経歴

 ムスタフィはアルバニアにルーツを持ち、ハンブルガーSVの下部組織出身ながらイングランドのエバートンでプロデビューを果たしたという異色の経歴を持つ。さらにその後イタリアのサンプドリア、スペインのバレンシアと渡り、ドイツ代表ながら国内クラブのトップチームでのプレー経験がない。エバートンではUEFAヨーロッパリーグの1試合に出場したのみだが、2012年1月以来のイングランド復帰が現実味を帯びている。

 思うような補強が進まず、壊滅危機に瀕する“ガナーズ”の最終ラインを救うのは、世界一を経験している24歳のストッパーとなるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/29(金) 17:35

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。