ここから本文です

『デスノートLNW』本ポスターに、藤原竜也、松山ケンイチ、デスノートを手にした戸田恵梨香の姿も

リアルサウンド 7/29(金) 18:14配信

 10月29日に公開される映画『デスノート Light up the NEW world』より、本ポスタービジュアルが公開された。

 本作は、累計発行部数3000万部を超える、大場つぐみと小畑健による人気コミックを映画化した『DEATH NOTE』シリーズの最新作。キラとLの天才同士の対決から10年後、再び地上にもたらされた6冊のデスノートを巡って争いが巻き起こる様を描く。

 メガホンを取ったのは『アイアムアヒーロー』の佐藤信介監督。デスノート対策本部の捜査官・三島創役を東出昌大、Lの遺伝子を継ぐ正統な後継者にして世界的名探偵・竜崎役を池松壮亮、キラの信奉者にして狂気のサイバーテロリスト・紫苑優輝役を菅田将暉がそれぞれ演じるほか、川栄李奈、戸田恵梨香、中村獅童、船越英一郎らが出演する。

 このたび公開されたポスタービジュアルには、“あの事件から10年ーーこれで、すべてを終わらせる。”というコピーとともに、東京の夜景を背景に、東出演じる三島、池松演じる竜崎、菅田演じる紫苑が屋上に降り立ち、後方に戸田演じる弥海砂がデスノートを手にする姿が捉えられている。竜崎はLの象徴とも思われる“ひょっとこ”のお面を、紫苑はリュークの好物であるリンゴをそれぞれ手にしている。また、大都会を光と闇で二分するようにキラ(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)が配置されており、地上を明るく照らす光からは死神・リュークの姿も確認できる。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 18:14

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。