ここから本文です

『X-MEN:アポカリプス』、ジェームズ・マカヴォイがスキンヘッドになる特別映像公開

リアルサウンド 7/29(金) 18:27配信

 「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』より、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイの特別映像が公開された。

 本作は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続く、「X-MEN」シリーズ新3部作完結編。最古最強の神アポカリプスと、X-MENの戦いを描く。

 このたび公開されたのは、プロフェッサーX役のマカヴォイが、スキンヘッドになるまでの一部始終を捉えた特別映像。『X-MEN:アポカリプス』の撮影10日目、シンガー監督とともに“儀式”を行おうとするマカヴォイは、元祖プロフェッサーXであるパトリック・スチュワートにテレビ電話をする。映像には、スチュワートが「剃った髪を送ってくれよ。私が再利用する」とジョークを飛ばす姿も。

 シンガー監督とテレビ電話越しのスチュワートが見守る中、スキンヘッドになったマカヴォイは、スチュワートに対して「あなたになった気分だ」と話し、一方のスチュワートは「19歳の頃に私に瓜二つだ」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/29(金) 18:27

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。