ここから本文です

モウ・ユナイテッドの止まらぬ札束攻勢 ポグバに続くターゲットは仏代表同僚パイェか

Football ZONE web 7/29(金) 23:50配信

“非売品”も関係なし!EURO準優勝メンバーの両獲りでさらなる強化へ

  ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの超高額移籍の成立が間近に迫っているとされるマンチェスター・ユナイテッドだが、ジョゼ・モウリーニョ新監督の野望はポグバにとどまらないという。フランス誌「フランス・フットボール」は、次なるターゲットをウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェに定めたと報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 パイェは昨季のプレミアリーグでアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルなどを抑えてベストイレブンに選出されるなど、素晴らしいシーズンを送った。先月から今月にかけて開催された欧州選手権でもフランス代表の前線をけん引し、グループステージ初戦ルーマニア戦での試合終了間際の決勝ゴールなど輝きを放った。

移籍金は超高額が予想されるも…

 所属のウェストハムはパイェは非売品として移籍金の金額はかなりの高額になることを示唆し、獲得への興味を見せたビッグクラブを沈黙させていた。しかし、この2年間で約500億円の資金を移籍市場に垂れ流しているユナイテッドにとっては、金額は問題にならないのかもしれない。セットプレーの名手でもあるパイェ獲得を、ポグバの次のメインターゲットにしていると報じられた。

 モウリーニョ監督はポグバ獲得前の時点で「移籍市場での仕事は75パーセント終わった」というコメントを残していたが、パイェ獲得はその25パーセントの仕事に含まれているのかもしれない。ポグバほどではないにせよ、契約を5年残すこともあり超高額の移籍金が必要なパイェ獲得へ向けて動き出すユナイテッドは、まさに金に糸目をつけずに名門復活をもくろんでいるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/29(金) 23:50

Football ZONE web