ここから本文です

ミラン本田、WG三番手化でますます窮地に? 新監督が“愛弟子”獲得を希望

フットボールチャンネル 7/29(金) 18:36配信

 ミランの本田圭佑は先発争いでますます窮地に陥るかもしれない。29日、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 FWジェレミー・メネズのボルドー移籍が決定的となったことで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督は右ウイングに愛弟子ファン・クアドラード獲得を希望しているようだ。モンテッラ監督とクアドラードはフィオレンティーナ時代に共に仕事をしている。

 モンテッラ監督はこれまで4-3-3の布陣を採用しており、本田は右ウイングでの起用が予想されている。しかし、昨季ジェノアで経験を積んだスソをモンテッラ監督は高く評価しており、愛弟子であるクアドラードが加入すれば本田は右ウイングの三番手に降格することが予想される。

 先日には背番号10番の剥奪が噂された本田だが、今季はミランで自らの立ち位置を確立することが難しい一年となるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 18:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)