ここから本文です

レアル、イグアインの移籍でお小遣い稼ぎ。ユーベから2億6000万円を獲得

フットボールチャンネル 7/29(金) 19:30配信

 アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントスへ移籍したことで儲けたクラブは、ナポリだけではないようだ。28日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 先日ユベントスは、違約金として設定されていた9000万ユーロ(約104億円)を支払ってナポリからイグアインを獲得した。しかし、レアル・マドリーもその移籍で儲けたクラブのようである。

 これはFIFAが2001年に定めた「連帯貢献金制度」のおかげであり、海外進出をするほど優秀な選手を育てたクラブに対して、「国際移籍」における移籍金のうち5%がその選手の所属年数に応じて分配される。

 よってイグアインが7年間在籍していたマドリーへ、ユベントスから移籍金総額の2.5%にあたる225万ユーロ(約2億6000万円)が支払われる。

 今年の1月に監査法人デロイトが発表したサッカークラブ長者番付で、2014/2015年に5億7700万ユーロ(約670億9000万円)の収入を得て首位に輝いたマドリーなら微々たる金額だが、イグアインが移籍したおかげでお小遣い程度は稼げたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/30(土) 22:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。