ここから本文です

「ジダンの哲学を理解したのがCL制覇の要因だ」レアル守護神が昨季を振り返る

フットボールチャンネル 7/29(金) 20:10配信

 レアル・マドリー加入3シーズン目を迎えるGKケイラー・ナバスは、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)制覇の要因を「ジネディーヌ・ジダン監督の哲学を理解した事」と述べている。28日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 コスタリカ人守護神は、新シーズンに向け「今までやってきたことをさらに発展させたいし、人間としても、サッカー選手としてもさらに成長できるようにがんばりたい」と述べる。

 昨シーズン途中から苦楽をともにする、ジダン監督については「我々のことを相当に理解している。彼は明確な哲学を持っており、我々はピッチ上でそれを実践できるよう、早く理解しようと努めている」と述べ、「CLを制覇できた1つの理由は、それを実行できたことだ」と続ける。

 PK戦までもつれた、先のCLファイナルのヒーローは「かけがえのない瞬間だった。集中と激しさをもって挑み、幸せな瞬間を楽しんだ。チャンピオンになるというのは、ケーキの上にサクランボを添えるようなものだね」と欧州制覇を振り返る。

 今年30歳を迎えるナバスは「以前は色々なことが新しく感じたが、今ではもうすっかり家族的なものとなった」とすっかりチームの一員となっていることを述べる。昨季の欧州制覇から、さらなる飛躍を目指すジダン・マドリーの守護神は今季も健在だ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 20:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。