ここから本文です

インテル、中国資金活用の次は代理人が脅し? EURO王者10番獲得に再挑戦

フットボールチャンネル 7/29(金) 21:00配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルはどんな手を使ってでもEURO2016王者の10番を獲得したいようだ。28日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が伝えている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 インテルが狙っているのはスポルティングCPのポルトガル代表MFジョアン・マリオ。同選手は、先日開催されたEURO2016で優勝したポルトガル代表メンバーの背番号10番だ。

 以前にもインテルの筆頭株主となった蘇寧グループの会長である張近東氏と代理人のキア・ジョオラビシアン氏が率先して獲得交渉を行っていた。ファイナンシャルフェアプレー制度を考慮し、蘇寧グループ下にある江蘇蘇寧が獲得してインテルへフリーでレンタル移籍させるつもりでいたが、スポルティングCPが最後までボーナスを含めた約4500万ユーロ(約52億円)のオファーを断り続けたことで、中国の移籍市場終了日に獲得することができなかった。

 しかし、インテルは獲得を諦めてはいない。現在、J・マリオ自身が移籍を望んでいることからも、代理人ジョオラビシアン氏が直接スポルティングCPへ脅しをかけているようだ。同氏は、年棒を大幅に増額した契約更新をクラブに求めているようで、万一その要求を呑めなければ選手は移籍すると脅迫しているようである。

 スポルティングCPはそれでもオファーを拒むつもりでいるようだが、インテルはJ・マリオにアプローチし続けながら、クラブとの関係が悪化する時を待つつもりのようだ。2つの裏ワザを使ってでも同選手の獲得を熱望するインテル。今後の展開に注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/29(金) 21:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。