ここから本文です

アップルミュージックが超人気「カラオケ番組」配信へ、アデルやオバマ夫人も出演

Forbes JAPAN 7/29(金) 9:00配信

売上減に悩むアップルがアップルミュージックへの取り組みを強化している。アップルミュージックでは音楽だけでなく動画コンテンツも視聴できるが、アップルは7月26日、CBSテレビの人気番組「カープール・カラオケ」の放映権を獲得したと発表した。



「カープール・カラオケ」は直訳すると相乗りカラオケ。番組ホストのジェームズ・コーデンが毎回、豪華ゲストを迎え車中でゲストの歌を一緒に歌う内容。これまでアデルやジェニファー・ロペス、ワン・ダイレクション、さらにミシェル・オバマ大統領夫人もゲストとして出演し、YouTubeにアップロードされた動画は8億回再生を突破する人気ぶりだ。

アップルミュージックで番組が公開されれば、iTunesストアの楽曲購入とも連携し、売上の向上が期待できそうだ。今回、アップルは16エピソードの放映権を獲得したとされるが、人気が出ればさらに本数を増やす可能性もある。

アップルは今回の契約額を公表していないが、金額がいくらであれこの動きは競合サービスには大きな脅威となる。スポティファイやTidalもこれに対抗する企画を用意するべきだろう。

「カープール・カラオケ」は音楽ファンのみならず業界関係者の評価も高く、過去にエミー賞にもノミネートされている。

Hugh McIntyre

最終更新:7/29(金) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。