ここから本文です

【総体】なぜ市立船橋は強いのか――。その理由を示す右SB・真瀬拓海の「脇役」ぶり

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 6:00配信

サイドバックが相手のサイドバックに常にプレッシャーを掛け続ける。

[インターハイ2回戦]市立船橋 1-0 関東一 7月28日/呉市総合・多目的G
 
 昨年のインターハイ準決勝で激突した両校の再戦が、2回戦で実現した。

【2回戦PHOTOハイライト】市立船橋が1年生MF郡司が決勝点! 京都橘・岩崎は1得点をマークするも…


 
 昨年の対戦では1-2で敗れリベンジを誓った関東一だったが、市立船橋がその挑戦を凌駕し、後半9分の1年生MF郡司篤也のゴールで1-0の勝利を収めた。
 
 スコアこそ1-0だが、内容は市立船橋が終始圧倒する『横綱相撲』だった。実力校の関東一を、そこまで押し込めた要因として、市立船橋右サイドバックの真瀬拓海の存在が大きかった。
 
「相手が前に来ないのがすぐに分かったので、今日はより高い位置に張り出して、相手のラインを下げたり、積極的にサイドから崩していこうと思った」
 
 真瀬は右サイドバックでありながら、相手の対面するサイドバックにまで常にプレッシャーをかけ続けた。逆サイドにボールがある時は相手ボランチ、サイドハーフ、サイドバックの中間にポジションを取って、細かい動きで牽制。
 
 この試合で攻撃のスイッチを入れる役割を担った左サイドバックの杉岡大暉がボールを持ったら、タイミングよく右のスペースに飛び出しては、サイドチェンジを引き出した。さらにボールを受けると、キレのあるドリブルで一気にえぐり込み、中央にボールを送り続けた。
 
「突破までは良かったけど、精度が低かった。あれだけ仕掛けられたら、しっかりとアシストを決めなければいけなかった。そうすればもっと楽な試合にできたのですが…」と、試合後に語ったように、真瀬のプレーは直接ゴールには結びつかなかった。しかし、その頭脳的で変化に富んだプレーがあったからこそ、関東一は攻撃に厚みを加えられなかった。この日は完全に市立船橋の3番が右サイドを制圧していた。

チームメイトからも信頼の厚い選手に。

 昨年から出番を掴んでいた真瀬は、試合中によく朝岡隆蔵監督に喝を入れられることが多かった。上がるべきところで上がらなかったり、タイミングが悪かったりと、殻を破りきれないところがあった。
 
 しかし、今年に入ると戦術的な理解度が進み、動きの細かい修正やタイミングの良い仕掛けなど、プレーの質が格段に向上した。
 
「3年になって責任感が出たからではないでしょうか」と笑うが、それだけでここまでの劇的な向上はない。おそらく朝岡監督の期待に応えたい、より成長したいという自身の意欲と、右サイドバックで存在感を出すにはどうすべきかを自分なりに考え、練習に打ち込んだ結果だと言えるだろう。
 
 プロ注目のDF原輝綺も「右には真瀬がいるので、僕はカバーリングやビルドアップに集中できる」と評するほど、彼の存在は頼もしいものになっている。
 
「杉岡、原、高(宇洋)と注目される選手がいて、ドリブルやビルドアップは本当に上手い。だからこそ僕が足を引っ張らないように、やれることをやりたい」
 
 主役でなくとも、仲間の特徴を生かしながら、自分がやるべきことをしっかりとやってチームに貢献する。名門・市立船橋の強さのゆえんが、この試合の彼のプレーではっきりと見えた。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 

最終更新:7/29(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。