ここから本文です

【J1展望】G大阪×広島|CSの激闘、再び――。前日の練習場変更で広島が不利!?

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 19:00配信

G大阪――好調のアデミウソン、ボランチ倉田のパフォーマンスが鍵を握る。

J1リーグ・2ndステージ6節
ガンバ大阪×サンフレッチェ広島
7月30日(土)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ガンバ大阪
2ndステージ成績(5節終了時):7位 勝点8 2勝2分1敗 8得点・3失点
年間成績(22試合終了時):7位 勝点32 9勝5分8敗 30得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●前節敗れた柏戦で、U-19代表のMF堂安が今季J1初出場。
●柏戦で好調をアピールしたアデミウソンが、攻撃の軸としていかに機能するか。
●練習で左ハムストリングを負傷した藤本は全治3週間。
●遠藤はJ1通算100ゴールまで、あと1ゴールに迫る。
 
【担当記者の視点】
 広島戦と言えば、やはり昨年末のチャンピオンシップ(CS)で繰り広げた激闘が鮮明に蘇る。タイトルを目の前で奪われた屈辱は、選手の胸の内に今も強く残っている。また第1ステージを6位で終えたG大阪は、第2ステージと年間勝点の両方で7位に沈む。CS出場に向けて、上位陣からこれ以上離されるわけにはいかない。
 
 もっともチームは多くの課題を抱える。前節の柏戦まで2試合連続ノーゴールと攻撃陣が不発。柏戦では2得点を奪ったが、その一方で3失点と守備の課題を露呈した。攻守の歯車が思うように噛み合わない試合が続くなか、細部の修正に努め、攻守のバランスをいかに取るかがポイントになる。
 
 好材料は、最前線に入るアデミウソンが好調をキープしている点だ。CKの流れから1ゴールを決めると、要所で攻撃の起点として存在感を発揮。前を向いてボールを持てば脅威を与える存在だけに、周囲が効果的にサポートできるかも鍵となる。
 
 第1ステージの広島戦は、アデミウソン、倉田、長沢のゴールで3-1と勝利。2列目を主戦場としていた倉田が今季初ボランチを務め、長い距離を走ってゴールを決めるなど、広島戦には良いイメージは持っているはず。新たな攻守の要となりつつある倉田もキーマンのひとりと言える。
 

1/2ページ

最終更新:7/29(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ