ここから本文です

【J1展望】新潟×FC東京|ホームで連勝を期す新潟を相手に、篠田新体制で出直すFC東京は勝利を掴めるか?

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 18:00配信

新潟――大宮戦で今季初の逆転勝利。チーム内には上昇ムードが漂う。

J1リーグ2ndステージ・6節
アルビレックス新潟‐FC東京
7月30日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(5節終了時):15位 勝点3 1勝0分4敗 5得点・8失点
年間成績(22試合終了時):14位 勝点21 5勝6分11敗 24得点・33失点
 
【最新チーム事情】
●前節の大宮戦で第2ステージ初勝利。今季初の逆転勝利で連敗を4でストップ。
●大宮戦で、R・シルバが16試合ぶりにゴール。
●好調の野津田は、ここ3試合で2得点・1アシスト。
 
【担当記者の視点】
 前節の大宮戦はリズムを掴みながら前半に先制点を許すも、後半の2得点で連敗を4で止めた。内容と結果が伴ったのはもちろん、今季初の逆転勝利とあってチーム内は反撃ムードに包まれている。
 
 なかでも光明なのは、R・シルバに待望のゴールが生まれたことだろう。左ふくらはぎの負傷で長期離脱していたエースの得点は、実に16試合ぶり。エースの復活は、ここから順位を上げるためにも不可欠だ。
 
 また、ここ3試合で2得点・1アシストと好調な野津田の存在も心強い。大宮戦での決勝点は、得意の左ではなく右足でのミドル。FC東京戦後、リオ五輪のバックアップメンバー(※クラブ側が招集を拒否している久保が離脱となれば、本メンバー入りの可能性もあり)として一時離脱するだけに、置き土産となる活躍に期待がかかる。
 
 今節は、監督交代直後のFC東京が相手とあって、「対策というより、自分たちに重きを置いて準備した」(吉田監督)。出方を窺うのではなく、大宮戦のようにこれまで積み重ねてきたスタイルをピッチ上で体現したい。

FC東京――篠田体制の初陣を白星で飾れるか。

J1リーグ2ndステージ・6節
アルビレックス新潟‐FC東京
7月30日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
FC東京
2ndステージ成績(5節終了時):16位 勝点3 1勝0分4敗 4得点・7失点
年間成績(22試合終了時):13位 勝点26 7勝5分10敗 20得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●0-1で敗れた川崎戦の翌日(7月24日)に城福監督を解任。
●トップチームのコーチの篠田氏が、新指揮官に就任。
●不動のレギュラーだった米本が右膝十字靭帯を断裂。
 
【担当記者の視点】
 新潟戦は、篠田体制での初陣となる。システムは東をトップ下に置いた4-2-3-1が濃厚で、右膝十字靭帯を断裂した米本が不在のボランチには、高橋と橋本が並ぶ形になりそうだ。
 
 新指揮官の下、今週は強度の高いトレーニングを行なっており、相手に走り負けないサッカーで勝点を奪いに行く。リーグ3連敗中で降格圏の名古屋(16位)との勝点差は7。このあたりで悪い流れを断ち切らないと、残留争いに巻き込まれる可能性が高まる。
 
 そんな嫌なシチュエーションを回避するためにも、アウェーとはいえ、新潟戦は勝点3がノルマとなる。

最終更新:7/29(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web