ここから本文です

【総体3回戦】王者撃破の昌平がPK勝ちで8強入り! 市立船橋、青森山田なども準々決勝へ

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 13:25配信

市立船橋、流経大柏、青森山田など強豪が8強へ。

 広島県で開催されているインターハイは7月29日、男子3回戦の8試合が行なわれ、ベスト8が出揃った。

【総体】なぜ市立船橋は強いのか――。その理由を示す右SB・真瀬拓海の「脇役」ぶり






 2回戦で前回優勝校の東福岡(福岡)を破った昌平(埼玉1)は、前橋商(群馬)と対戦。前半29分に先制されたものの、後半アディショナルタイムに本間のゴールで追いつく粘りを見せ、PK戦に突入すると、これを4-3でモノにし準々決勝進出を決めた。

 優勝候補の市立船橋(千葉2)は、九州の強豪・鹿児島城西(鹿児島)と対戦し、原と村上が挙げた前半の2ゴールを守り切り、2-0で次ラウンドへ駒を進めた。1、2回戦で5得点ずつを奪った静岡学園(静岡)も大阪学院大高(大阪1)を天本、坂西のゴールで、2-0で破った。

 さらに、全国優勝経験のある強豪校では青森山田(青森)、流経大柏(千葉1)が勝ち上がったが、星稜(石川)は米子北(鳥取)にPK戦の末に敗れた。その他、地元広島の瀬戸内などがベスト8入りを果たしている。

 男子3回戦の結果と準々決勝の組み合わせ、女子1回戦の結果と準々決勝の組み合わせは以下のとおり。

中国インターハイ
男子3回戦の結果
昌平(埼玉1) 1(4PK3)1 前橋商(群馬)
静岡学園(静岡) 2-0 大阪学院大高(大阪1)
瀬戸内(広島) 4-0 滝川二(兵庫)
市立船橋(千葉2) 2-0 鹿児島城西(鹿児島)

青森山田(青森) 1-0 鹿島学園(茨城)
米子北(鳥取) 1(4PK3)1 星稜(石川)
履正社(大阪2) 1(4PK2)1 日章学園(宮崎)
流経大柏(千葉1) 0(4PK3)0 日本航空(山梨)

男子 準々決勝(7月31日)の組み合わせ
昌平(埼玉1)×静岡学園(静岡)
瀬戸内(広島2)×市立船橋(千葉2)

青森山田(青森)×米子北(鳥取)
履正社(大阪2)×流経大柏(千葉1)
※準決勝は、上下の対戦カードの勝者が当たる

最終更新:8/3(水) 7:15

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。