ここから本文です

【J1展望】福岡×仙台|福岡は調子を上げる仙台を叩いて上昇のきっかけとしたい

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 17:00配信

福岡――相手の好調攻撃陣を封じ込めろ。

J1リーグ2ndステージ・6節
アビスパ福岡 – ベガルタ仙台
7月30日(土)/18:30/レベルファイブスタジアム
 
アビスパ福岡
2ndステージ成績(5節終了時):14位 勝点4 1勝1分3敗 5得点・9失点
年間成績(22試合終了時):18位 勝点15 3勝6分13敗 16得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●別メニュー調整だったウェリントンが練習復帰。万全とはいえないものの、金森と2トップを組んで元気な姿をアピールしている。
●コンディション不良で前節の出場を回避したダニルソンは、23日のトレーニングマッチで足を痛めて別メニュー。出場は微妙。
●前節に引き続き、「レベスタ2万人の力で勝つ」団の活動を継続。城後ゾーン、女性限定金森ゾーン、イクメンパパゾーンなどを設けて招待客を募る。
 
【担当記者の視点】
 鳥栖との“九州ダービー”に敗れて、残留圏の15位との勝点差が5まで開いた。だが、「残り12試合。まだまだこれから」と井原監督は前向きだ。1年でJ2へ舞い戻らないためにも、下位クラブとの直接対決を制することはもちろん、「残されたホームゲーム6試合は落としてはいけない」と本拠地決戦の重要性を説いている。
 
今節・仙台戦の勝利のために、抑えるべきポイントとして井原監督が上げるのは、ウイルソン、R・ロペス、奥埜、梁の4枚の攻撃陣。高い個の能力とハードワークを併せ持つ4人に仕事をさせないことが、勝利への鍵になる。
 
また、チームの課題は試合運び。前節・鳥栖戦では、前半こそ相手にチャンスを与えず、後半早々に先制点を奪ったが、同点にされて以後は大きく崩れた。「オーガナイズしている時はチャンスを与えていない。課題は、それをいかに90分間続けるか。得点が動いた後に、いかに同じことを続けられるか」(井原監督)だ。
 
鳥栖戦終了後には「内容というよりも、前へ出ていくパワー、切り替え、セカンドボールへの反応、フィジカル、そういうところで負けていた」と選手たちに話した井原監督。ホームのサポーターの前で、同じ姿は見せられない。

1/2ページ

最終更新:7/29(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。