ここから本文です

【J1展望】鳥栖×鹿島|好調の鳥栖が第1ステージ王者に挑む。対する鹿島は守備に綻び

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 19:00配信

鳥栖――進化を遂げたパスワークが通用するか。新モロッコ人FWの起用法にも注目だ。

J1リーグ・2ndステージ6節
サガン鳥栖 – 鹿島アントラーズ
7月30日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
2ndステージ成績(5節終了時):4位 勝点11 3勝2分0敗 10得点・6失点
年間成績(22試合終了時):10位 勝点28 7勝7分8敗 20得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●3勝2分と第2ステージ首位も狙える勢いを持続している。
●第2ステージ・5節を終えた時点で10得点。すでに第1ステージの総得点に並ぶ。
●モロッコ人FWのムスタファ・エル・カビルが加入。ニックネームは「ムス」。
●チェ・ソングンが岐阜に期限付き移籍。
 
【担当記者の視点】
 前節の九州ダービーを制し、第2ステージの順位は4位に上昇。さらに年間順位も10位に上がり、第1ステージの戦績からは想像もできないほどの躍進を見せている。
 
 好調の大きな要因は、前節の福岡戦でも見せたコンパクトな陣形だ。選手間の距離を短く保つことでパスが面白いようにつながっている。第1ステージから目指していた戦い方がここに来て実を結び始めた。また結果が伴っていることで選手が自信をつけ、好循環が生まれている。強豪の鹿島を相手に進化を遂げたパスワークが通用するか。真価が問われる一戦となりそうだ。
 
 またトルコのゲンチレルビルリイからムスタフェ・エル・カビルを獲得。このモロッコ人FWの起用法にも注目したい。

鹿島――失点ゼロが最低限のノルマだ。

J1リーグ・2ndステージ6節
サガン鳥栖 – 鹿島アントラーズ
7月30日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(5節終了時):8位 勝点7 2勝1分2敗 12得点・10失点
年間成績(22試合終了時):2位 勝点46 14勝4分4敗 41得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●カイオの移籍、ジネイの退団で空いた助っ人枠を埋める選手が決まった。ポルトガル2部のポルティモネンセから期限付き移籍で、MFとFWでプレーできるファブリシオを獲得。期待の新戦力は「優勝のために力を尽くしたい」と新天地での活躍を誓った。
●第2ステージの失点数が5試合で「10」となり、早くも第1ステージの総失点数に並んだ。ディフェンスリーダーの昌子は責任を痛感。「もう一度、細かいところから見直したい」と危機感を募らせている。
●小笠原をベンチスタート、土居のサイドハーフ起用などで中盤の活性化を図るか。
 
【担当記者の視点】
 第2ステージに入り、完封したのは3節・名古屋戦だけ(3-0)。最新チーム事情でも述べたとおり、持ち前の守備に綻びが生じ始めている。
 
 今節の試合では連敗阻止&勝点3奪取はもちろん、失点をゼロで抑えることを最低限のノルマにしたい。リオ五輪参戦中の植田不在の今、チームの総力が試されている。
 
 そして、2節・広島戦以来ゴールから遠ざかっている金崎の奮起にも期待。エースの一発で浮上のきっかけを掴みたい。

最終更新:7/29(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。