ここから本文です

【J1展望】神戸×大宮|今季は2度対戦し、ともにドロー。3度目の決戦を制すのは?

SOCCER DIGEST Web 7/29(金) 19:00配信

神戸――勝ち切るゲーム展開を狙う。

J1リーグ2ndステージ・6節
ヴィッセル神戸-大宮アルディージャ
7月30日(土)/19:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
2ndステージ成績(5節終了時):9位 勝点7 2勝1分2敗 9得点・7失点
年間成績(22試合終了時):11位 勝点27 7勝6分9敗 32得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●前節の広島戦(0-2)は「プレスが上手くかからず、相手に1枚外されて数的優位を作られた」(小林)と守備面で課題を残す。
●広島戦で、橋本が移籍加入後初のフル出場。「気持ち的に楽になった」と、心身ともに仕上がっている様子を見せる。
●火曜日のトレーニングではニウトンをアンカーに置く4-3-3をテスト。ただ、大宮戦では慣れ親しんだ4-4-2でスタートしそう。
 
【担当記者の視点】
 前節の広島戦は0-2で敗戦。「プレスが上手くかからず、相手に1枚外されて数的優位を作られた」(小林)と、守備面で課題を残した。そのため、火曜日のトレーニングではニウトンをアンカーに置く、4-3-3をテスト。しかし、機能したとは言い難く、大宮戦には通常の4-4-2で臨むと考えられる。
 
 一方、調子を上げているのが夏に浦和から期限付き移籍で加入した橋本だ。加入後2戦は後半途中で交代したが、広島戦では初めてフル出場を果たした。「気持ち的に楽になった」という左SBは心身ともに良い状態にあるようだ。
 
 大宮とはルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)のグループステージで1-1、第1ステージ・14節で2-2と、ともに先手を許しながらドローに持ち込んだ。今回はリードを許さずにしっかりと勝ち切るゲーム展開を目指したい。
 

大宮――相手の強力な外国籍選手をなんとしても止める!

大宮アルディージャ
2ndステージ成績(5節終了時):10位 勝点6 1勝3分1敗 5得点・5失点
年間成績(22試合終了時):8位 勝点32 8勝8分6敗 22得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●離脱していた家長、菊地、D・ムルジャが練習に合流。
●和田はスタメン復帰の見込み。
●来季加入内定で特別指定選手の河面旺成が3日間、練習に参加。
 
【担当記者の視点】
 第2ステージは1節の名古屋戦で勝利(1-0)して以降、内容に見合う結果を手に入れられないままドローを重ねた。そして前節は新潟に逆転負け(1-2)。反省点ばかりが目につく試合を演じてしまった。ズルズルと順位を下げないためにも、今節・神戸戦は大きな意味を持つ。
 
 相手は強力な外国籍選手を擁し、少しでも隙を与えれば失点に直結する。それはルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)のグループステージと第1ステージの対戦で選手たちは実感している。チーム全体で連動した守備、最終的にどんな形でも止めるという意思が勝敗を分けるポイントになるだろう。
 
 攻撃は、2戦連続でゴールを決めるなど好調をキープしている江坂がキーマンとなりそう。前線でコンビを組むN・ペチュニクとの連係が深まっている点も好材料だ。
 
 

最終更新:7/29(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。