ここから本文です

全身全霊で表現し続ける詩人、吉増剛造の回顧展が開催中

ローリングストーン日本版 7/29(金) 16:10配信

詩人の生きざまを体現する異色の回顧展

全身全霊で表現し続ける詩人、吉増剛造のこれまでの制作を包括する回顧展では、写真、映像、ドローイング、銅板作品、パフォーマンスから日誌や原稿、〈声ノート〉におよぶまで、吉増の多彩な制作を整理し、全体でひとつの空間が演出されている。薄い黒布で仕切られたそれぞれの空間には、所々にスピーカーから吉増の声が降りて来る。そこには吉増の強迫観念的な制作活動の軌跡とともに、まるで生まれ続ける言葉を弔うかのような静謐な時間が流れている。後半に現れる飴屋法水の異質なインスタレーションを抜けると出会うのが、吉増と大野一雄との釧路湿原でのパフォーマンス映像だ。現実とは思えないその光景の刹那に、言葉を通じて生み出される吉増の表現が、人間の根源的な表現であることにあらためて気づかされるのだ。



『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』
~2016年8月7日
東京国立近代美術館
開館時間:10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00) ※入館は閉館30分前まで 03-5777-8600(ハローダイヤル)
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yoshimasu-gozo/

Nao Amino

最終更新:7/29(金) 16:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。