ここから本文です

NASとエリカ・バドゥがコラボした新曲『This Bitter Land』を公開

ローリングストーン日本版 7/29(金) 15:30配信

コラボ曲『This Bitter Land』は、クリーブランドのアンダーグラウンドなヒップホップシーンを描いた映画『The Land(原題)』のサウンドトラックとして収録されたものだ。

【視聴あり】NASとエリカ・バドゥがコラボした新曲『This Bitter Land』を公開

NASとエリカ・バドゥがコラボレートした、豪華でメランコリーな新曲『This Bitter Land』が公開された。同ナンバーは、現在米劇場で公開中のNASとマシン・ガン・ケリーがエグゼクティブ・プロデュースを手掛けた映画『The Land』のサウンドトラックで、SoundCloudでも視聴することができる。

『This Bitter Land』で、バドゥは弦楽器の奏でるサウンドの上に彼女の揺らめく伸びやかな声をのせ、ジャズ歌手のニーナ・シモンを彷彿とさせるヴォーカル・パフォーマンスを行っている。そしてNASは、成功を手にする間に人間が直面する若さや苦闘を反映した、鋭く爽快なバースを披露している。
『The Land』と『This Bitter Land』は、共に7月29日にリリースされた。『The Land』は、中西部の都市のアンダーグラウンドなヒップホップシーンの一つである、クリーブランドに住むプロ・スケーターを目指す10代の少年たちの物語で、彼らの関係と将来を台無しにする可能性のある危険な麻薬取引に巻き込まれていく様子が描かれている。バドゥは、ケリーやHBOのテレビドラマ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』のオマール・リトル役で知られるマイケル・ケネス・ウィリアムズと共に、同作に出演する。
サウンドトラックには、ヒップホップやR&Bの多くの著名人が名を連ねており、プシャ・T、ジェレミ、カニエ・ウェスト、フレンチ・モンタナなど、多くのアーティストが『The Land』に楽曲を寄せている。サウンドトラックは、iTunes他オンラインからもダウンロードが可能だ。

Translation by Yuka Ueki

BRITTANY SPANOS

最終更新:7/29(金) 15:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。