ここから本文です

【日本人の身長】100年で男性14cm、女性16cm伸びる

R25 7/30(土) 7:00配信

イギリスのインペリアル・カレッジの研究チームが、7月26日、世界各国の身長データを分析した調査結果を科学誌「イーライフ」電子版に掲載。日本のネット上では、オランダ人男性とラトビア人女性を中心に“世界の身長”について話題になっている。

調査によると、2014年段階で世界一平均身長が高いのは、男性だとオランダ人で182.5cm、女性はラトビア人で169.8cm。トップ20までの国々のほとんどが、ヨーロッパに集中している傾向が見られたという。反対に平均身長が世界一低いのは、男性は東ティモールの159.8 cm、女性はグアテマラの149.4cmだった。

さらに、調査では1914年から2014年までの世界各国の身長のデータを分析していることから、100年間の伸び幅の結果も出ている。男性トップはイラン人で平均16.5cm、女性は韓国人で20.1 cm背が伸びていた。Twitterでは、

「デケェ!!平均でかよ!!」
「身長世界一はオランダか…。分かるわ。何せオランダは便器(小)の位置が高いもんw」「悪い事は言わない、チビはオランダに旅行に行くな。死にたくなるぞ」

などと、オランダ人男性の身長の高さに衝撃を受けている様子が伝わってくる。さらに、

「日本人男性の平均=ラトビア人女性の平均ってのにはちょっとビビる(笑)」
「確かに、ラトビア女性はスラッとした美人さんが多い気がします」

と、ラトビア人女性の身長の高さに対するコメントも目立った。

ちなみに日本人は、男性が200国中102位で、女性が112位。この100年間で、男性は156.2cmから170.8cm、女性は142.3cmから158.3cmへと推移した。研究チームは、日本の伸び幅で印象的な上昇をみせたのは、1960年代前半だったと分析している。

日本人の高身長への憧れと同時にコンプレックスが垣間見えた、今回のネット上の反応。順位をみれば、世界的には高くも低くもない“普通”の身長なのだが…。
(山中一生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/30(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。