ここから本文です

吉本の芸人たちがクレームを告白!

Smartザテレビジョン 7/30(土) 6:00配信

カンテレでは、7月31日(日)に「よしもとクレームセンター~あの芸人の“ウラの顔”撮れちゃいました~」(昼4:00-5:25)を放送。雨上がり決死隊がMCを務め、鬱憤(うっぷん)のたまった吉本興業の芸人たちが“証拠VTR”と共にクレームを訴える。

【写真を見る】ロケットマン・西代洋(右)と女性芸人たちからは「ハイヒールリンゴが怖い」との声が

最初のクレームは、ミサイルマン・西代洋と9人の若手女芸人から寄せられた「ハイヒールリンゴが怖い」。イベント後のリンゴ仕切りの打ち上げが真面目過ぎて全く楽しめないという内容で、「みんなで円になって○○する」という話にスタジオは騒然とする。

続いて、浅越ゴエは「今くるよ師匠、世間知らず過ぎて見てて心配」というクレームを発表。初めてスターバックスコーヒーに行った際の衝撃の行動など世間知らずなエピソードが続々と明らかになる。

そして、女と男は「月亭八光一家が新築17坪の豪邸に浮かれ過ぎ」と暴露する。

収録後、宮迫博之は「面白いクレームからガチのクレームまで、多種多様なクレームがありましたので、非常に楽しく収録させていただきました」と振り返った。

また、蛍原徹は収録の印象を「リンゴ姉さんは『怖過ぎる!』というクレームだったのですが、『やっぱり怖がられるやろな』と収録を見ていて実感しました」と語った。

最終更新:7/30(土) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。