ここから本文です

ハゲではラブソングを歌えない!? ASKA告白が波紋

R25 7/30(土) 7:00配信

覚せい剤取締法違反の罪で2014年9月に有罪判決を受けた歌手・ASKA(58歳)が7月26日に更新したブログが、波紋を広げている。4カ月にわたる隔離病棟生活を送っていたというASKAは、その際髪の毛が「がっつり抜け」たことを告白。看護師たちからは「ストレスですよ」といわれたようで、とりわけ頭頂部の脱毛が激しく、「フランシスコ・ザビエルのよう」になってしまったというのだ。

ASKAは、現状について「ザビエルの部分に、芝生のようになった毛が、びっしりと生えてきました。あと、4ヶ月もすれば、元どおりになるでしょう」と報告しているが、“ザビエル”という言葉のもつ破壊力は大きく、様々なネットニュースに取り上げられたほか、ブログにもアクセスが集中し、多数のコメントが付けられている。

しかしネットユーザーが反応したのは、“ザビエル”部分だけではない。髪が抜けたときの心境として、ASKAは、

「この姿を、ステージで見せる勇気はないなぁと。
CHAGEは良いんです。似合っていますし、しぶとく残っているどころか、増えていますから。
僕は、似合わないんです。これで、ラブソングを歌えるのだろうかと・・。
恐怖を覚えました。とにかく指に触れる感触がつるつるなのですから。」

とつづっていたのだ。この部分は、言い換えれば「ハゲていると、ラブソングを歌うことに引け目を感じてしまう」と理解できる。そのためTwitterでは、

「坊主やハゲはラブソングを歌っちゃいかんのか?」
「ハゲはラブソング歌ったらダメなんですか!?(血涙)」
「やはり日本はハゲには厳しいのか。ハゲで素敵な心奪われるようなラブソング歌ってるおっちゃん世界中にいっぱいいるがなw」

など、「薄毛とラブソングは関係ない」といった意見が殺到。

ASKA氏は後日、「ちょっと待って」というタイトルの記事を更新。反響に驚いたことを明かしながら、ネット上で「ザビエル」という言葉が多数つぶやかれていることに、

「ザビエル症候群に陥っています。だから、生えてる!ってば。今は、芝生だってばぁ。
ホント、怖いな。ネット・・」

とコメントしている。

なお26日のブログでは、楽曲ができたことも報告されていたのだが、そちらの話題はそっちのけ。すっかり「ザビエル」で注目を浴びてしまったASKAであった。
(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/30(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。