ここから本文です

2016年の“世界一おいしい日本酒”が決定!

東京ウォーカー 7/30(土) 9:27配信

世界一おいしい日本酒を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION 2016」の表彰式が7月29日、六本木のグランドハイアット東京で行われた。

【写真を見る】新設された「Super Premium部門」の上位入賞銘柄

同コンペは、「ブランドによらず消費者が本当においしい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとにスタートしたもの。市販酒のみが出品され、銘柄を隠して酒の中身のみで競うことが徹底されている。

5回目となる今回は約416蔵(海外蔵は7場)が参加し、出品酒は世界最多の1483点(海外からの出品は21点)。コンペは「吟醸部門」「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」に、新設された「Super Premium部門」を加えた、全5部門で実施された。

表彰式では、各部門の順位を発表。吟醸部門は「但馬 大吟醸」(兵庫県・此の友酒造株式会社)、純米酒部門は「あたごのまつ 特別純米」(宮城県・株式会社新澤醸造店)、純米吟醸部門は「勝山 純米吟醸 献」(宮城県・仙台伊澤家勝山酒造株式会社)、純米大吟醸部門は「愛友 純米大吟醸」(茨城県・愛友酒造株式会社)、Super Premium部門は「来福 超精米 純米大吟醸」(茨城県・来福酒造株式会社)がそれぞれ1位に輝いた。【東京ウォーカー】

最終更新:7/30(土) 9:27

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。