ここから本文です

欅坂46・鈴本美愉さん「昔の自分を思い出しながら演じています」

BEST TIMES 7/30(土) 20:00配信

欅坂46初となる土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』(TV東京系)が7月16日(土)にスタートしましたが、もうチェックしましたか? STREETJACKでは21名のメンバー全員にインタビューを敢行!! 誌面では未掲載の撮り下ろしカットに加え、ドラマに対する意気込みや撮影中の出来事などを赤裸々に聴いてみた21日間の短期連載。どれも見逃し厳禁です! 

  

欅坂46が出演する土曜ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』の連続インタビュー。
第20回は、お菓子作りが趣味というキュートな一面をもちながら、今回のドラマで演じるキャラクターに、過去の自分を重ね合わせて見ていたという鈴本美愉さん。
演技は初めてだけど挑戦してみたかったという彼女の意気込みを、インタビューでご覧あれ。

土曜ドラマ24
『徳山大五郎を誰が殺したか?』(TV東京系毎週土曜日深夜0:20~)

STORY

欅坂46扮する、私立欅学園3年C組の女子生徒たちが担任教師・徳山大五郎の遺体を教室で発見するところから始まる、秋元康氏企画・原作のミステリー&コメディ学園ドラマ。思わず担任の遺体を隠してしまったことから始まる奇妙な学園生活の中で、彼女たちの手で犯人探しが始まるが…? 

――まず最初に、鈴本さんの演じるキャラクターと、クラスの中での立ち位置などを教えてください。

鈴本 クラスで体育会系のグループにいて、意見を自分からみんなに言えちゃう、活発な子の役です。たまに原田葵に毒舌なことも言ったりして。

――事件に対してはどのような姿勢を取っているのですか? 

鈴本 元々徳山先生のことが好きじゃなくて、遺体のことも気持ち悪いなって思ってて。事件が起こったことに関しては怖がってはいるんですが、どこか面白がっているところもありますね。

――実際にクランクインしてみて、初めてのドラマ撮影だったと思うのですが、いかがでしたか? 

鈴本 ドラマが昔から好きだったんですけど、初めてドラマの現場に入ってみてワンシーン撮るのにこんなに時間がかかるんだ!  って。色んな所にカメラがあって。でも、何回も繰り返し同じ演技をしたりするんですが、それのおかげで緊張も解けて行ったりして。それは良かったなぁと。

――キービジュアルを見させていただいた時に、とにかく鈴本さんの目力がすごくて!  撮影するとき、どんなことを考えていたとか、こんな助言をされた、などのお話はありますか? 

1/2ページ

最終更新:7/30(土) 20:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。