ここから本文です

【浮気事件簿】離婚が成立したのに入籍を拒否 同棲9年 尽くし愛アラフォー女子が疑うバツイチ彼氏の真実

Suits-woman.jp 7/30(土) 10:00配信

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説。浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査で何を調べるのかまでの“リアル”を紹介!

今回の依頼者は結婚を前提に同棲している彼がいる、宮崎和美さん(39歳)。現在、外資系のIT関連会社に勤務しているキャリアウーマンです。カウンセリングルームに来たときは、横浜の会社で行なった商談の帰りでした。9年も同棲しながら、結婚してくれない彼のことを悩みながらネットを検索したら、私たちの事務所がヒット。ピンとくるものがあったとのことで、私達に相談にみえました。

ほっそり体型にセミロングヘア、ベージュのとろみ素材ブラウスに、カーキのガウチョパンツに、イタリアブランドのカゴバッグとかなりおしゃれ。目がパッチリした華やかな顔立ちで、39歳という年齢を感じさせません。

「結婚している相手ではないのですが、ちょっと調査をしていいものかどうか悩んでいて……お金がかかりすぎても困るし、真実がわかっても怖いし……私はどうすればいいのでしょうか」と言う和美さん。

同棲している彼は、48歳でバツイチ。高給で知られる有名マスコミ関連会社に勤務しており、前妻との間に、10歳の娘がいるとのことでした。和美さんとの出会いは、当時開催されていたゆるい婚活合コン。都内のハイスペックな会社に勤務しているアラサー同士が集まって、定期的に飲み会しつつ、恋愛相手を見つけるという『mixi』でのコミュニティーでした。

「彼は出会った10年前当時、“妻にハメられてデキ婚した、だまされた、こんなはずじゃなかったのに”とよく言っていました。当時、元妻とは別居しているとのことでしたが籍は入っていて、私とは不倫スタート。私も結婚している人はイヤだな……と思ったのですが、いろんな相性がよくて、そのままズルズルとウチで半同棲が始まりました」

和美さんはコンサバな家庭で育っています。そのため男性が家にいると食事を作ったり、身の回りの世話をしてしまうとか。彼が別居中の家を引き払い、本格的に同棲を始めたのが9年前。

1/2ページ

最終更新:7/30(土) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。