ここから本文です

レスター、止まらない人材流出…今度はアシスタントコーチがターゲットに?

フットボールチャンネル 7/30(土) 7:01配信

 レスター・シティでアシスタントコーチを務めるクレイグ・シェイクスピア氏が、サム・アラダイス新監督が率いるイングランド代表のコーチ候補に浮上したようだ。29日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 同紙によると、アラダイス監督はバイエルン・ミュンヘンでアシスタントコーチを務めるポール・クレメント氏をコーチ候補のNo.1ターゲットとして考えているが、バイエルン側が拒否しているため、No.2ターゲットとしてシェイクスピア氏の名前が浮上したようだ。

 レスターでは今年、スカウト部長を務めていたベン・リグルワース氏がアーセナルへ、敏腕スカウトのスティーブ・ウォルシュ氏がエバートンへそれぞれ移っている。

 選手だけでなくスタッフもチームを退団する状況が続いており昨季のレスターとは様変わりした。プレミアリーグ優勝を果たしたことで選手の評価は高まったが、同時にスタッフの評価も高まってしまったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/30(土) 7:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。