ここから本文です

タンパク質は摂り過ぎても体に害があるわけではない

ライフハッカー[日本版] 7/30(土) 20:10配信

世間には、筋肉をつけたり、体重を減らしたりするためにタンパク質をたくさん摂っている人もいれば、もっとタンパク質を摂ったほうが良い人もいます。でも、たくさんタンパク質を摂っていても、身体に悪い影響はないようです。

必要とされる量より多くても大丈夫

先日ライフハッカーの過去記事()で、どのくらいの量のタンパク質が適正量なのか、考えました。

The Health and Medicine Division of the National Academiesによると、体重1ポンド(453グラム)あたり0.36グラムのタンパク質が、98%の人たちにとって充分な量だそうです。この数字は政府のガイドラインの基準となっており、150ポンド(68キロ)の女性にとって54グラム、200ポンド(90キロ)の男性にとって72グラムのタンパク質を摂っておけば大丈夫です。

食生活で本当に必要なタンパク質の量は?

ほとんどの人は、必要以上の量のタンパク質を摂っています。the 米国農務省が2010年にとったアンケートの調査結果によると、男性は1日平均98グラムのタンパク質を、女性は1日平均68グラムのタンパク質を摂取しています。年配の方や十代の女の子の中にはタンパク質が必要量より下回っている人もいますが、ほとんどの人が必要量より多くのタンパク質を摂っています。

そういった調査結果を読むと「みんな、タンパク質を摂りすぎなのではないか」と思ってしまいますが、そんなことはありません。平均してみると、私たちは必要量より多くのタンパク質を摂っていますが、それは、必要量より少なく食べているより、ずっと良いことです。

体重1ポンド(453グラム)当たり0.36グラムのタンパク質を摂る、という計算をキログラムに置き換えると、1キログラムあたり最低0.8グラムは摂ったほうがよい、ということになります。これは、普通の生活をしている人の場合で、よく運動する人や体重を減らしたい人は、この量より多めに摂ったほうがよいです。

マラソンランナーやボディビルダーが今回ご紹介した最低限のタンパク質を摂っていて健康だとしても、もしタンパク質の摂取量を増やしていたら、もっと健康になったり、成果をあげたりできるかもしれません。その人のやっているスポーツや体つきにもよりますが、効果があがるタンパク質の量の上限は、1ポンドあたり0.82グラムまでです。これは、150ポンド(68キロ)の人にとって123グラム、200ポンド(90キロ)の人にとって164グラムです。

1/3ページ

最終更新:7/30(土) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。