ここから本文です

26歳で二度“引退した”元浦和Lの万能MF 単身海を渡りスペインリーグに挑戦する理由とは

Football ZONE web 7/30(土) 10:40配信

元U-20日本女子代表の堂園彩乃 スペイン1部グラナディーラ・エガテサに加入

 26歳にして二度の引退を経験しながら、サッカー選手としての第三章の扉を開くために単身スペインへと旅立つ――。そんな一風変わったキャリアを歩む女子サッカー選手がいる。浦和レッズレディースや、U-20日本女子代表で活躍した堂園彩乃は、9月に開幕するスペイン女子1部リーグのグラナディーラ・エガテサに加入し、海を渡ることが決まった。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 鹿児島県出身の堂園は、地元の公立中学校を卒業するまで男子と同じチームでプレーしてきた。そのプレーが目に留まり、高校は女子サッカーの名門である神村学園に進学し、2008年に浦和に加入した。これが、1回目の女子サッカー選手としてのスタートだ。

 加入初年度に左膝前十字靭帯の重傷を負い1年ほど戦列を離れるアクシデントがあったものの、10年にはU-20女子ワールドカップメンバーに選出され、ゲームにも出場している。浦和では頭脳的なプレーでチームを支え、09年と14年にはなでしこリーグ制覇を成し遂げている。

「レッズに入って最初の頃は、なでしこジャパンも目指していましたし、『もっとうまくなりたい!』って思っていたんですよ」

 キャリアのスタートの時期をそう振り返った堂園に心境の変化が訪れたのは、11年、12年頃のこと。ちょうど、なでしこジャパンがドイツ女子ワールドカップで優勝し、日本中に「なでしこフィーバー」が巻き起こった頃だ。「サッカーはうまくなりたいけど、自分の気持ちはなでしこジャパンよりもレッズで試合に出たい、優勝したいっていう思いのほうが強かったんです」という堂園だったが、チーム状況は大きく変化してしまった。

 柳田美幸や矢野喬子といったなでしこジャパンを経験したメンバーが引退し、U-20女子ワールドカップをともに戦った熊谷紗希の海外移籍などで、浦和はこの時期に大きくメンバーが入れ替わった。チームが若返ったことで、堂園は一気に古参メンバーといった色が濃くなり、責任も重くなった。経験の不足したチームは13年に残留争いにも巻き込まれた。まだ20代前半で、サッカーをプレーする意味に思い悩んでいた一人の選手にとって、その時間は辛いものだったのだろう。

1/3ページ

最終更新:7/30(土) 10:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。