ここから本文です

東京Vの“マスター”永井秀樹が語る最高のスパイク「形状記憶は俺には合わない」【SPIKE WARS】―5

フットボールチャンネル 7/30(土) 11:30配信

遠い昔、まだラモス瑠偉がルイ・ゴンサウヴェス・ラモス・ソブリーニョだったころ、彼の所属する読売クラブが国士舘大学と練習試合をしたことがあった。試合後、ラモスはチームメイトの武田修宏に命じた。「いますぐ大学辞めてウチのチームに来いってあの選手に言ってこい! あれは天才だよ!」――。それから25年。ラモスをして天才といわしめた男、永井秀樹は目下、三浦知良に次ぐ日本で二番目に経験豊富なJリーガーである。この企画は、サッカー界の表も裏も知り尽くした男マスター・ナガイに、メーカーの枠組みを超えて各社のスパイクを試し履きしてもらい、その寸評とジャッジを公にしてしまおうという、おそらくは世界でも初めての試みなのである。今回は第5話をお届けする。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

永井秀樹が語る最高のスパイク

──続いてはナイキに参りましょうか。ティエンポ・レジェンド6・HG-Eでございます。

マスター永井 「これ、代表だと誰が履いてるの?」

──結構いますね。昨年のカンボジア戦ですと、西川選手、森重選手、遠藤選手ですか。

マスター永井 「あれ? あの試合、森重って出てたっけ?」

──いえ、出ておりません。

マスター永井 「どうやって調べたの?」

──現地でカメラマンの方にお願いして、試合前やハーフタイムの練習などを撮影していただきまして。

マスター永井 「依頼されたカメラマンが驚いてなかった?」

──ま、何せ前代未聞の依頼でございますから。ただ、やっていくうちに意外な発見もございまして。

マスター永井 「どうしたの」

──クラブ・ワールドカップが開催された際、出場した全選手の使用スパイクを特定すべく、カメラマンの方に撮影をお願いしたのですが、そうしたら、メッシが足にタトゥーを入れていることが判明いたしまして。

マスター永井 「あ、練習の時に?」

──はい。マスター・ナガイがお若いころと違い、いまは試合中にストッキングを下げることは許されておりません。ただ、練習中は話が別、ということでございまして。

マスター永井 「へえ~。じゃ、スパイクのインプレッション行こうか」

──お願いいたします。

マスター永井 「まず思ったのは、意外に重たいんだなっていうこと。これは別に不満を感じてるんじゃなくて、俺の中のイメージで、ナイキっていうととにかく軽いって印象があったから」

1/2ページ

最終更新:7/30(土) 11:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。