ここから本文です

リバプールで戦力外の悪童バロテッリ 移籍先を求めて“タダ同然”で必死の売り込み

Football ZONE web 7/30(土) 16:30配信

2季連続1得点の不発でキャリア最大の危機 獲得を打診したナポリは興味示さず

 リバプールのユルゲン・クロップ監督から事実上の戦力外通告を受けている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、今季のプレー先が決まっていない状況にあるが、敏腕代理人のミノ・ライオラ氏が“タダ同然の条件”で必死の売り込みをかけているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 一昨季にリバプールでリーグ戦1ゴールに終わったバロテッリは、1年前の同じ時期も当時のブレンダン・ロジャース監督からの信頼を失い、プレシーズンツアーに参加することなくチームの練習場に残ることになった。その当時は同様にイングランドに残ったスペイン人DFホセ・エンリケとセグウェイを乗り回す余裕を見せていたが、2年連続での戦力外状態に楽観視はできない状況にあるという。

 昨季は移籍市場の最終盤に古巣のACミランが、レンタル料が無料、600万ユーロ(約6億8000万円)と言われる年俸の半分ほどをレンタル元のリバプールが負担するという破格の条件で1年間の期限付き移籍で獲得した。しかし、スポーツヘルニアの手術こそあったものの、バロテッリのリーグ戦での得点はわずか1ゴールに終わり、それも直接FKを蹴り込んだもののみで、流れのなかからは衝撃的な不発に終わった。ミランもレンタル延長はしないと発表している。

 プレミアリーグとセリエAで全くゴールを量産できない姿を見せてしまっただけに、現在の状況は悪化している。“爆買い”による中国行きの話はすでに移籍市場が閉まったことで頓挫したため、チーム探しは難航を極めているという。代理人のライオラ氏はアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを失ったナポリと、オランダの名門アヤックスに、移籍先クラブの負担がほぼ無料になる条件で売り込みをかけているという。

頼みの綱はオランダの名門アヤックスか

 しかし同紙によると、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督のリクエストはあくまでもインテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得であるため、興味を示していないという。トルコの政情不安でベシクタシュ行きを本人が拒んでいることもあり、名門アヤックスの反応が現時点での命綱になるようだ。

 1年前は中東、今年は中国といった高額年俸を支払う余裕のあるクラブからのオファーを断り欧州でのプレー継続にこだわりを見せている“悪童”だが、2年間でわずか2ゴールという不発弾の獲得に合意するクラブは現れるのか。来月には26歳の誕生日を迎え、本来であればキャリアの最盛期を迎えるはずの男は今、最大の危機に陥っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/30(土) 16:30

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ