ここから本文です

マンU、イブラのユニ“爆売れ”でポグバ資金確保か。1週間で売上げ103億円

フットボールチャンネル 7/30(土) 12:10配信

 マンチェスター・ユナイテッドは、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得資金の大部分をたったの1週間で確保したようだ。29日付の英紙『ザ・サン』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ポグバの獲得まで後僅かとされているユナイテッドだが、獲得するための資金確保も着々と進んでいる。同クラブは、ポグバを史上最高額の移籍金となる1億1000万ユーロ(約126億円)で獲得しようとしているが、その大半をすでに1週間で確保したとみられている。

 資金確保に多大な貢献をしたのが、今夏に加入したFWズラタン・イブラヒモビッチだ。同クラブでは現在史上最高とも言われるユニフォームブームが起きており、すでに今週だけで同選手の“9番”ユニフォームが7600万ポンド(約102億円)の売上を記録したと報じられている。

 ユナイテッドの公式ストアが販売しているユニフォームの値段は、105ユーロ(約12000円)。つまり、1週間だけですでに80万枚以上も売れた計算になる。この数字が本当であれば、ポグバの移籍金はユニフォームの販売だけでまかなえるというのも当然だろう。

 史上最高額の移籍を実現させようとしているユナイテッド。しかし、その莫大な移籍金は大きな問題ではないのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/30(土) 12:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ