ここから本文です

泥沼の名古屋、敵地で横浜とスコアレスドロー 14戦未勝利とクラブワースト記録更新

Football ZONE web 7/30(土) 21:02配信

超守備的布陣を採用し勝ち点1を死守も、ゴールは遠く…

 泥沼の名古屋グランパスが、長く暗いトンネルから抜け出すにはまだ時間がかかりそうだ。クラブワーストの13試合勝利なし(5分8敗)で30日のJ1セカンドステージ第6節、敵地での横浜F・マリノス戦に臨んだが、0-0の引き分けで終了。これで14試合連続未勝利となり、不名誉なワースト記録を更新した。

 名古屋は5月4日のJ1ファーストステージ第10節、横浜FM戦(3-1)以来、白星から見放されている。小倉隆史監督はこの危機的状況を打開すべく、セカンドステージ5試合終了時点で10失点というリーグワーストタイの守備陣を立て直すために大幅なテコ入れを敢行。身長199センチのFWシモビッチを最前線に1人残し、最終ラインに5人が構える5-4-1の超守備的布陣を採用した。

 セカンドステージ無敗(3勝2分)と好調の横浜FM(6位)相手に無失点と、ひとまず新布陣採用による最低限の結果は残した。しかし、最後に勝利した横浜FMを相手にこの日は攻撃陣も沈黙。守備に人数を割いた影響から、カウンターアタックでも前に人数をかけることはできず。後半23分にエリア内に侵入したFW永井謙佑にチャンスが訪れたが、シュートはDFファビオにブロックされるなどゴールは遠く。後半ATに横浜の猛攻を受けながら、なんとか耐えしのいだ末のスコアレスドローで、連続未勝利記録は「14」(6分8敗)に伸びている。

 名古屋はこの日の対戦相手である横浜FMと鹿島アントラーズとともに、Jリーグ“オリジナル10”の中で一度もJ2降格経験のないクラブ。だが、セカンドステージは2分4敗で最下位、年間順位も降格圏の16位のまま。崖っぷちの戦いはまだまだ続いていきそうだ。

石川 遼●文 text by Ryo Ishikawa

最終更新:7/30(土) 21:42

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。