ここから本文です

インドが中国に追いつくために必要なこと

Forbes JAPAN 7/30(土) 8:00配信

かつて中国とインドは、世界で最も人口が多く、そしてとても貧しい国だった。そして今もなお、世界で最も人口が多い国ではあるが、貧困からは脱却した。



中国は世界2位の経済大国となり、1人当たりGDPは6,417ドル(約68万円)とインドの3倍以上に成長した。

特に注目すべきは、2つの国の格差は、インドのナラシンハ・ラーオ首相(1991~96年)がいなければもっと広がっていただろうということだ。ラーオ首相は1993年、中央政府が主導した1970年代の政策は失敗であり、市場に適した新たな政策が必要だと主張。インド経済を国内外の投資家に開放する必要性を国民に説いた。

また自らのメッセージをはっきりと伝えるために、ラーオ首相は公邸に400人の官僚と閣僚を招待。手厚くもてなした上で、中央政府主導の政策を厳しく批判し、その場にいた官僚や閣僚こそが問題の一部なのだと告げた。

現在のインド政府の官僚たちは、70年代、80年代、そして90年代初頭の官僚たちに比べればずっといい仕事をしている。それでも中国の官僚たちには及ばないことが、1人当たりGDPの格差に見て取れる。2015年12月時点で、一人当たりGDPは中国が6,416ドル、インドが1,806ドルだった。

中国は、インドが正しく行えていない多くのことを、正しく行っている。だからこそナレンドラ・モディ首相は、400人のインドの閣僚と官僚を中国に派遣し、中国がいかにして高い経済成長率を維持しているのかを学ばせるべきなのだ。

インドの官僚たちが中国から学べることの一つは、いかにして与信(融資残高)の対GDP比を引き上げることだと、インドの中央銀行であるインド準備銀行のラグラム・ラジャン総裁は言う。

最近のインタビューでラジャンは、インドの与信の対GDP比が50%であるのに対し、中国は250%だと指摘。また、もしもインドが中国の2桁成長に追いつきたいのであれば、マクロ経済を安定させるためのシステムを構築する必要があると語った。

だが問題は、中国の与信(融資残高)のかなりの部分は、生産的な活動よりも、国有企業の救済や建設バブルのさらなる刺激のためにばら撒かれていることだ。「GDPの2.5倍にも達していると推定される負債に対処する代わりに、議員たちは新たな融資の大盤振る舞いで事態を悪化させている」

というわけで、インドがこの分野で中国から学ぶことができるのかについては、きわめて懐疑的だ。

ロングアイランド大学ポスト校のウダヤン・ロイ教授(経済学)は、インドの官僚たちが中国から学べることとして、中国より大きく遅れている人材育成と、意義あるビジネスを頓挫させる民衆の抗議行動への対処法を挙げる。

「中国はシンガポールから多くを学んだ」とロイ教授言う。「インドは中国から学ぶことができる。ただし中国がしたように、インドもまた、学んだことを自国の状況に合わせて変更・修正することが前提だが」

Panos Mourdoukoutas

最終更新:7/30(土) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。