ここから本文です

【リオ五輪】五輪開催国のブラジル撃破へ。手倉森ジャパンが炎天下の中で最終調整

SOCCER DIGEST Web 7/30(土) 10:03配信

4-2-3-1で戦術確認。アラカジュよりも暑い気候は良い“負荷”に。

[7.29 国際親善試合ブラジル戦・前日公式トレーニング]
 
 手倉森監督率いるリオ五輪代表が現地時間7月29日、ゴイアニアのエスタジオ・セラ・ドウラーダで公式トレーニングを行なった。
 
 日差しが強く、気温31℃以上の炎天下の中、パス回しとフィジカルメニューに続き、4-2-3-1の陣形で戦術を確認。ピッチの約3分の2を使った11対11のミニゲームでは、風邪から復活間もない大島僚太が別メニューとなったが、スタメン予定のビブスなし組(興梠慎三、南野拓実、中島翔哉、矢島慎也、遠藤航、原川力、藤春廣輝、植田直通、塩谷司、室屋成、中村航輔)が、プレッシャーがある中でのビルドアップや1タッチでの崩しを意識的に試みた。
 
 その後のセットプレーの確認では、藤春のCKに植田がヘディングシュートでゴールネットを揺らし、スタンドに駆け付けたブラジル人のサッカーファンたちから歓声が送られる一幕も。最後にシュート練習を行ない、およそ1時間みっちり汗を流した。
 
 直前合宿地のアラカジュよりも気温が高く、練習終盤には息が上がる選手も見られたが、本大会のグループリーグ1・2戦が行なわれるマナウスを見据えては、良い“負荷”になっただろう。
 
 手倉森ジャパンは現地30日16時半(日本時間7月31日4時半)から、ブラジルと国際親善試合を行なう。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

【リオ五輪】久保の本大会出場にわずかな光!? 派遣の行方は31日が山場に

最終更新:7/30(土) 16:51

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ