ここから本文です

オアシス、未発表デモ音源を収録した『ビィ・ヒア・ナウ』再発盤のリリースが決定

ローリングストーン日本版 7/30(土) 16:00配信

マンチェスターのロック・バンドが1996年にマスティク島で実施した伝説のセッションのテープを発見!

ノエル・ギャラガーが語る、最高にノッてる2016年とボウイへの愛

1997年にリリースされたオアシスのアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』の再発盤が、リイシュー・キャンペーン「チェイシング・ザ・サン」の第3弾として、10月7日にビッグ・ブラザー・レコーディングスより発売されることが決まった。

『オアシス』と『モーニング・グローリー』の前2作の再発盤と同様に、今回の『ビィ・ヒア・ナウ』もアルバムのリマスター・バージョンや多数の音源が収録される予定だ。特に注目すべき点は、1996年にノエル・ギャラガーとプロデューサーのオーウェン・モリスがカリブ海の島で録音を行った、幻の「Mustique demos」14曲がリリースされることだ。このテープは長年紛失したと思われていたが、つい最近、ビッグ・ブラザー・レコーディングスのアーカイヴから発掘されたのだ。

『ビィ・ヒア・ナウ』のリイシュー盤には、ギタリストのポール・ベンジャミン・『ボーンヘッド』・アーサーズの自宅スタジオで録音された『Stand By Me』の未発表バージョンや、ノエルが作曲とヴォーカルで参加したケミカル・ブラザーズの『Setting Sun』のアコースティック・カヴァー、ネブワース・パーク公演での『My Big Mouth』の初ライヴ音源など、貴重な音源が多数収録される。

本再発盤には、2016年にギャラガーが「見直しを行った」オアシスのヒット曲『D’You Know What I Mean?』の新バージョンも収録される。この曲はストリーミングで配信されており、アルバムの先行予約をすると即ダウンロード可能になる。

「月日が経つにつれ、『ビィ・ヒア・ナウ』の曲はとんでもなく長かった...長すぎたという事実を受け入れるようになった!(誰だかは思い出せないけど)誰かが、後世のためにアルバム全体を見直して再編集しようと提案したんだ。1曲目が完成した後、これ以上時間をかけられないと諦めてしまったけど・・・とても素晴らしいサウンドになっているよ」と、ギャラガーはこの新ミックスについて声明で語っている。

1/2ページ

最終更新:7/30(土) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。