ここから本文です

「百物語」を詠んだ句で心理的な涼を

NHKテキストビュー 7/30(土) 15:00配信

肝試(きもだめ)しやお化け屋敷は夏の代表的な風物詩。俳句集団「いつき組」組長で藍生俳句会会員の夏井いつきさんが、今の時季にぴったりの「百物語(ひゃくものがたり)」を兼題とした句を紹介します。



* * *



森鷗外(もり・おうがい)著「百物語」に以下のような記述があります。



「百物語とは多勢の人が集まって、蠟燭(ろうそく)を百本立てて置いて、一人が一つ宛(ずつ)化物の話をして、一本宛蠟燭を消して行くのだそうだ。そうすると百本目の蠟燭が消された時、真の化物が出ると云うことである。」



いかにも俳人好みの趣向ですから、古くから愛されてきた季語に違いないと思いきや、「百物語」を採録している歳時記が少ないのは意外でした。晩夏の季語として取り上げている歳時記の解説は、鷗外の小説のこの記述とほぼ同じ内容になっていますが、江戸時代に行われた「百物語」では蠟燭は使われていなかったようです。



杉浦日向子(すぎうら・ひなこ)著『大江戸観光』には江戸時代に行われた「百物語」が解説されています。蠟燭は贅沢(ぜいたく)品だということで、行灯(あんどん)の灯心百本を一つずつ消したとのこと。さらに行灯には青い和紙を貼り、参加者各々が青い小袖(こそで)を着用する等、念の入った演出もあったとのことです。



肝試(きもだめ)し、お化け屋敷が夏の風物となっているのは、心理的涼み感。「百物語」という手の込んだ趣向の場が、季語としての力を持ち得たということでしょう。



百物語隣のひとのふと怖く
小池昭(こいけ・あきら)


百物語はてゝ灯せば不思議な空席
内藤吐天(ないとう・とてん)


「隣のひと」の無表情が「ふと怖く」思えてくる、何か一つが怖く感じ始めると、何もかもが怖くなってくる。それが「百物語」という座の持つ心理的作用です。



さらに怖ろしいのは「百物語」が終わった後に残る怪異。「不思議な空席」に一体誰が座っていたのか、記憶をたどることで恐怖がひたひたと押し寄せてきます。



■『NHK俳句』7月号より

NHK出版

最終更新:7/30(土) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。