ここから本文です

洗濯王子がプロ技伝授!カーテン洗いは「ネット」使いがポイント

東京ウォーカー 7/31(日) 6:00配信

長い梅雨がやっと明けたら、いよいよ大物を洗うチャンス到来! まずはカーテンを洗ってみない? 「厚手」は風合いを「レース」は白さを大事にして洗うのがカーテン洗いのコツだ。ポリエステルやアクリル製なら遮光カーテンでも、家庭で洗濯機洗いOK。レースは引っ掛けに注意しよう。

【写真を見る】カーテンを洗濯ネットの大きさに合わせてびょうぶ畳みにする

【厚手のカーテン】

1.掃除機でほこりを取っておく/カーテンの表面にはほこりがたくさん! そのまま洗うとほこりまみれになるので、まずは掃除機を上から下へかけて、ほこりを吸い取る。

2.洗濯ネットに合わせてびょうぶ畳みにする/洗濯ネットの大きさに合わせ、カーテンをびょうぶ畳みにして入れる。こうすることで洗剤液が全体に行き渡りやすくなる。

3.洗濯機でドライコース洗いする/おしゃれ着用洗剤と酸素系漂白剤(液体)を使って、洗濯機のドライコースで洗う。カーテンはデリケートな素材が多いので、やさしい洗い方が◎。

4.形を整えてからカーテンレールで干す/脱水終了後は、縦にピッと伸ばして形を整えてから、カーテンレールに掛けてそのまま乾かせば OK。窓をあけて風通しよくしておこう。

【レースのカーテン】

1~2.上の厚手のカーテンと同じ。

3.つけ置き用のホワイトニング液を作る/洗濯槽に40~50℃の湯をため、湯1lに対して粉末洗剤 5g、酸素系漂白剤(粉末)5gの割合で入れてよく溶かし、ホワイトニング液を作る。

4.30分つけ置きしたあと、洗濯機の毛布コースで洗う/カーテンを入れて30分つけ置きしたら、一度脱水する。そのあと、液体洗剤を使って、水をたっぷり使う毛布コースで洗えば OK。干し方も上の厚手のカーテンと同じ。

ほこり汚れや黒ずみを落とすだけで、スッキリ! 一度洗うとその効果にびっくりするはず。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/31(日) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。