ここから本文です

帰省時要注意… 妻がイラつく義実家での夫の行動TOP10

R25 7/31(日) 7:00配信

結婚は家族同士の結びつきといわれることがあるように、お盆などの節目に妻の実家を訪問する既婚男性もいるだろう。しかし、気を使って過ごしているつもりでも、何気ない言動が妻の神経を逆なでしていることがあるかも? そんな「一緒に実家に帰った時、内心イラッとしている夫の行動」について、20~30代の子どものいない既婚女性200人にアンケートを行った。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

〈妻の実家でイラッとする夫の行動TOP10〉
(15項目の中から上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

1位 両親に世話になっているのにお礼を言わない 104pt
2位 部屋にこもる、外出するなどで、家族の団らんにあまり参加しない 83pt
3位 「ゆっくりしていって」と両親に言われて、本当にゆっくりし過ぎる 62pt
4位 ご飯を食べても片づけようとしない 46pt
5位 家族で外食した時に自分が支払おうとしない 37pt
6位 両親や親戚の前で恐妻家アピールをする 30pt
7位 晩酌で飲み過ぎて酔いつぶれる 27pt
8位 味付けの違いなど、自分の実家との違いをいちいち指摘する 25pt
9位 両親に、自分(夫)の過去のチョイ悪武勇伝を話してしまう 22pt
10位 親戚の名前や情報をいつまでも覚える気がない 17pt

※参考
内心イラっとしている夫の行動はない 47.5%

全体の47.5%が「イラッとする行動はない」と答えたが、言い換えれば妻の2人に1人はイラ立ちを感じていることになる。イラつく妻が多かったのは、【お礼を言わない】【団らんに参加しない】。義両親の前でつい緊張してしまう夫は多いだろうが、「両親とのコミュニケーションは大切にしてほしい」と思う妻の気持ちを汲んで、帰省中は普段以上にお礼や挨拶などの声掛けを意識することが大切なようだ。各項目について、妻の溜め込んだ不満の数々を具体的に紹介しよう。

【1位 両親に世話になっているのにお礼を言わない】
「両親が夫にプレゼントを買うのですが、まったく礼をしない。当たり前と思っている」(34歳)
「私が夫の実家でかなりお礼を言ってる回数と比べると、あんまり言ってない気がする」(38歳)
「金銭面でもだいぶお世話になっているのに、お礼を言ったことがない。当たり前だと思ってる」(25歳)
「妊娠した私の面倒を見に、わざわざ父母祖母が来て色々差し入れをくれるのに、『もらったの? へぇー。じゃあ食べよう』という感じで感謝の気持ちが全くない。あるものは当然自分の物のように扱う姿にとても腹がたつ」(27歳)

【2位 家族の団らんにあまり参加しない】
「外出していても先に車に戻ったり、あまり楽しそうな顔をしない」(34歳)
「もともと無口な旦那だが、両親の前でも喋らないので両親が逆に気を使ってる」(29歳)
「食事中もスマホゲームばかりして会話に参加しない」(31歳)
「部屋に籠ってPCを開いて仕事を始めたり、お昼ご飯を食べたらすぐに寝たりしてしまう。もう少し気を遣えと思う」(33歳)
「旦那の実家では私に積極的に家族との団らんをさせるくせに、私の実家では団らんしようとしない。私ばっかり相手の実家で頑張っていて嫌になる」(26歳)

【3位 ゆっくりし過ぎる】
「話し込んでてなかなか帰ろうとしない」(30歳)
「早く帰りたいのに、寝始める」(26歳)
「いつも兄弟と飲みすぎて、かなりの時間経過する。長居しすぎ」(36歳)

【4位 ご飯の片づけをしない】
「実家でも、自分たちの家でも、自分の方が収入が高いから、片付けは妻の仕事という」(30歳)
「飲んでばかりいる」(33歳)
「気遣いがない」(29歳)

【5位 外食代を支払おうとしない】
「夫のほうが貯金があるのに、うちの両親に甘えて外食時お金を払おうとせず、いらっとする」(35歳)
「両親が(滞在中)ずっと御馳走してくれたので最後くらいは私達で払おうと思ったが、旦那が払う気配がなく私が払いました」(35歳)
「食べる前から『今日はごちそうさま』と言ってくる。せめて、食べ終わってからにしてほしい」(29歳)

以降、【6位 恐妻家アピールをする】「私の愚痴を言わないでほしい」(29歳)、【7位 晩酌で酔いつぶれる】「声が大きいので酔うと更に大きくなって、先に寝ている家族に迷惑をかける」(33歳)、【8位 自分の実家との違いを指摘する】「新婚当初お雑煮でもめて手をつけなかった」(39歳)、【9位 過去のチョイ悪武勇伝を話してしまう】「武勇伝を語ることほどみっともないことはない」(24歳)、【10位 親戚を覚える気がない】「よく会う親戚の名前くらい覚えてほしい。(夫が外国人なので、日本人の名前が覚えにくいのは分かるが…)」(29歳)など、遠慮のない夫の態度への妻のイラ立ちエピソードも寄せられた。

妻の両親と打ち解けるのはいいことだけれど、あまりにも図々しい態度を続けていると、義理の両親からの信頼だけでなく妻からの愛情まで失ってしまう可能性も…。お盆に妻の実家に帰省する予定のある人は、積極的なコミュニケーションを心がけつつも、「親しき中にも礼儀あり」という言葉を忘れずに!
(有栖川匠)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/31(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。