ここから本文です

古川愛李の新作絵本が発売!制作秘話を明かす

Smartザテレビジョン 7/31(日) 12:58配信

SKE48を卒業後、イラストレーター、絵本作家として活躍している古川愛李の新作絵本「ちびあいりん&ネコさんとにじ色のキノコ」が7月31日から8月31日(水)の期間限定で、東京・池袋のサンシャイン水族館で発売される。

【写真を見る】古川は新作絵本の見どころや苦労した点などを告白

7月31日にはサンシャイン水族館でサイン会が開かれ、サイン会の前に古川の囲み取材が行われた。

3作目となる絵本の発売を「こうやって絵本を続けて出すことができて本当にうれしいです」と語る古川は、「SKE時代のファンの方からもコメントをたくさんいただいたんですけれども、絵本で初めて知ってくださったって方も増えているので、反響は大きかったと思います」と第1、第2作の反響を振り返った。

今作では、新キャラクター“ネコさん”が登場。「“ちびあいりん”に仲間があまりいなくって、私自身ネコが好きですし、ネコのキャラクターを作りたいとずっと思っていたので。あと、昔ネコを飼っていたんですよ。なので見た目に若干そのネコっぽい雰囲気も入れています」と、きっかけについて話す。

見どころについては「私の好きな物がたくさん詰まっている作品になっています。みんなにも私の好きな物を好きになってもらいたいというのもありますし、今回は“ネコさん”と“ちびあいりん”が虹色のキノコを探すという内容なんですけど、いろんなことが起きたり仲間が増えたりする内容になっているので、そこも皆さんに気持ちが伝わったらなと思います」とアピール。

さらに、苦労した点を聞かれると「背景を描くのがすごく苦手で勉強中というか。今回は森の中が舞台なので、森ってどんな感じなんだろうと思いながら木の画像を探しまくりました(笑)」と言い、制作の様子を「(期間は)1カ月~半くらいですね。バタバタとして…書くのは大変でした(苦笑)。やっぱり見直すと直したくなるんですよね。しかもギリギリにならないとできないタイプなので、自分を追い込みながらという感じです」と明かした。

また、家族にアドバイスをもらったりしたが、友人やSKEメンバーにはまだ見せていないとのことで「これからですね。多分、ファンの人がまたメンバーにたくさん送ってくれると思います(笑)」。

そして、次回作の構想について「ネコさんも増やしたいですし、ちびあいりんのお友達をもうちょっと増やしたいなって思います。自分自身、友達が少ないので、絵本の中でたくさん友達を増やしたいなって思います(笑)」と語り、最後は「ファンの方が支えてくれるおかげで、こうやってまた絵本を出させていただくことができました。楽しんでいただけるものができたと思うので、またたくさん感想をいただけたらなと思います」と感謝を述べた。

最終更新:7/31(日) 12:58

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。