ここから本文です

【自転車レース】クラシカ・サンセバスティアンでモレマが初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 7/31(日) 12:48配信

残り8kmからのアタックで独走

UCIワールドツアーの1戦である第36回クラシカ・サンセバスティアンが、7月30日にスペイン北部のバスク地方で開催され、オランダのバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)がゴールまで残り8kmでアタックし、独走で初優勝した。


■第36回クラシカ・サンセバスティアン結果[7月30日/スペイン/UCIワールドツアー/220.2km]
1 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)5時間31分00秒
2 トニ・ガロパン(ロット・ソウダル/フランス)+5秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+5秒
4 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+22秒
5 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)+34秒
6 ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ/イタリア)+34秒
7 サイモン・イエーツ(オリカ・グリーンエッジ/英国)+34秒
8 トムイェルテ・スラフテル(キャノンデール/オランダ)+34秒
9 ニコラス・ローチ(チームスカイ/アイルランド)+34秒
10 ドリス・デベナインス(IAM/ベルギー)+37秒

最終更新:7/31(日) 12:48

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。