ここから本文です

【TAKU OBATA】スウィズ・ビーツ&アリシア・キーズ夫妻も認めた現代芸術アーティストは、生粋のB-BOYであった!

サイゾー 7/31(日) 15:00配信 (有料記事)

――音楽を愛するB-BOYの美学は、アナログをディグるという〈掘る〉行為だが、芸術を愛するB-BOYは、〈彫る〉行為でアートの頂点を極める!

 1970年代、ニューヨークで生まれたヒップホップカルチャーの中で、ブレイクダンスを踊る人々の総称として生まれた言葉〈B-BOY〉。世界で唯一のB-BOY彫刻家であるTAKU OBATAは、実兄の影響でブレイクダンスを始めた生粋のB-BOYであり、地元・埼玉県所沢にて99年に結成したブレイクダンス・チーム〈UNITY SELECTIONS〉での活動により、日本のダンスシーンでは名の知れた存在であった。

「同じ高校に通っていた兄貴が、デザインの勉強で大学へ進学するんですが、それを見て自分も好きなことをやろうって考え始めて。自分はB-BOYとして表現する側だったので、そこから映像の制作に興味を持ち始めたんです」本文:3,236文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/31(日) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

なぜ今? 首相主導の働き方改革