ここから本文です

【貧困女子】彼に食べさせる食事はバイト先でもらう●● 引きこもりのモラハラ男子を養う衝撃の貧困同棲

Suits-woman.jp 7/31(日) 10:00配信

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、レストラン従業員の安田聖子さん(仮名・35歳)。取材時に驚いたのは、彼女が着ていたベージュ色のコットン素材のニットワンピースが透ける素材で、下着が丸見えだったこと。薄いオレンジ色のブラとショーツがしっかりとわかり、目のやり場に困りました。

顔立ちはすっきりとした切れ長の目ですが、つけまつげをバッチリしており、年齢を考えるとムリしている感が出ているのは否めません。黒の合皮のウエッジソールサンダルに、黒の大きなトートバッグを持っていました。

喫茶店でお話を伺ったのですが、聖子さんに飲み物をすすめると、「水でいいです」。そんなわけにもいかないので、何か頼んでくださいとお願いすると「同じもの(アイスコーヒー)を」と言います。そして、アイスコーヒーが運ばれてくると手を付けないのです。「どうぞ召し上がってください」とすすめると、聖子さんは「私、コーヒー飲めないんで……」と返答。「何か好きなものを頼んでください」と言うと「安いもので」と言われてしまい会話が続きません。今、いろんなことに悩んでいる、という聖子さんにお話を伺うことにしました。

「問題がありすぎて、どこから手を付けていいかわからなくて。一番ヤバいのは同棲している彼が引きこもりになっていること。ホントにお金がないし、私もメンタル面はもちろん、不正出血や背中の痛みなどがあって、体調が悪くて。メンタルはお医者さんにかかっているので、薬を飲んでいるのですが、眠れない時は飲み過ぎて胃が荒れているし……。でもやっぱりいちばん辛いのは、彼のことかもしれません」

聖子さんが付き合っている彼は、彼女より2歳年上で37歳のバツイチです。5年前に勤務していた会社で知り合ったと言います。

「前の会社はインターネットに強い広告代理店でした。給料は年収480万円とそこそこいい方だと思うのですが、とにかくノルマが厳しくて、社長から“お前は自分の給料分も稼げないくらいのカスなのか”と怒られるから、体調がおかしくなる人が続出しました。社長が元ヤンのワンマンで“達成できなかったらどっか行け”とかフツーに言ってきていましたしね」

聖子さんはテレアポや飛び込み営業などがどうしてもできず、制作チームに異動します。しかし、そこは社長の奥さんが仕事に口を出してくるという部署だったと言います。

「奥さんは元大手広告代理店勤務の超優秀な女性で、しかも美人。私達のパワポの営業シートに“これだから売れない”とかダメ出ししてくるんですよ。自社でゲームアプリの開発をしたり、サイトなどの運営もしていて、そこにいる人は、“あんたのアイデアはつまんない”“才能ない人は東京から出たほうがいい”など、人格を否定されながら仕事をしなければならないから、実家に帰ったり、うつになったりする人が多くて。彼はそのセクションで技術職をしていたんですけれど、仕事が丁寧なので“遅い、遅い”と怒られ続け、うつになるわ、離婚するわで、同情する形でいつの間にか付き合うように」

1/2ページ

最終更新:7/31(日) 10:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。