ここから本文です

ブラジルに完敗も…手倉森監督、ポジティブを貫く「辛抱する覚悟を獲得できた」

フットボールチャンネル 7/31(日) 6:53配信

【U-23ブラジル代表 2-0 U-23日本代表 国際親善試合】

 リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに挑むU-23日本代表は現地時間の30日、U-23ブラジル代表と国際親善試合を戦った。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 完敗に終わった日本代表だが、指揮官の手倉森誠監督は「辛抱する覚悟を獲得することができた」とあくまでもポジティブな姿勢を貫いた。

「給水タイムの後、自分たちが切れたところで失点してしまいました。相手が力を出しそうなポイントを察知して前半を凌がなければならないです」

 ブラジルに対して圧倒的にボールを支配された日本は、前半を無失点に抑えることもできず、また相手のミスを突いた決定機を決めることもできなかった。それでも手倉森監督は「勝って(オリンピック前最後の実戦を)終えることができなかった。ただ、フィジカル、メンタル、オーガナイズ、ようやくコンディションが整ってきたかなと思います。あと4日間で仕上げていきたい」と前を向いている。

 優勝候補ブラジルと戦ったことで“世界”との距離を痛感した日本。果たして、手倉森監督は本大会までにチームを修正することはできるのだろうか。

【得点者】
33分 1-0 ガビゴル(ブラジル)
41分 2-0 マルキーニョス(ブラジル)

フットボールチャンネル

最終更新:7/31(日) 7:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。