ここから本文です

ブラジルに完敗も手倉森JのOA興梠は収穫を強調 「多くの課題の中に良いところもあった」

Football ZONE web 7/31(日) 7:21配信

縦パスを受ける場面は数えるほども「前でキープもできた」

 リオデジャネイロ五輪本大会に向けた腕試しの一戦として、現地時間30日にホスト国ブラジル五輪代表と戦い0-2と完敗した手倉森ジャパンだが、最前線でプレーしたオーバーエイジ枠のFW興梠慎三(浦和)は「今日の試合が大事ではなく、大事なのは初戦のナイジェリア戦」と、本大会を見据えていた。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 先発出場した興梠は1トップの位置に入ったが、中盤までを完全にブラジルに制圧されるゲーム展開では数えるほどしか縦パスを受ける場面がなかった。それでも、その少ない機会ではしっかりとボールを収めて味方につなぐ安定感のあるプレーを見せ、「個人的には前でキープもできたし、この強い相手にポストプレーができたのはプラスになる」と手応えも得た。

 試合全体を通して「相手にほとんど主導権を握られながらの戦いでしたけど、レベルの違いを感じさせられたという気もするし、たくさんの課題の中に良いところもあった」と振り返ったなかで、唯一とも言えるビッグチャンスは後半8分だった。敵陣で相手のパスミスをカットすると、縦パスを受けた興梠は冷静に相手を引きつけてパス。MF中島翔哉(FC東京)がGKと1対1になったが、浮かせようとしたシュートは相手GKに阻まれチャンスを逸した。

 リオ五輪本大会でも、強豪相手の対戦で少なくなるであろうチャンスを決めていくことが求められるだけに、「後半はスペースが空いてくるなかで、ダイレクトでつなげる場面もあった。相手のミスからチャンスもあったので、それを決められるようにしたい」と、巡ってきたチャンスをスコアにつなげることの重要性を語った。

「大事なのは初戦のナイジェリア戦」

 現地時間で30歳の誕生日前日に迎えたゲームは、実力差をハッキリと見せつけられる厳しい結果になった。それでも興梠はベテランらしく「今日の試合が大事ではなく、大事なのは初戦のナイジェリア戦。今日のようにならないように戦いたい。初戦は重要だし、個人的に負けたくない気持ちがあるので、チーム一丸となって戦いたい」と、この完敗を糧として本大会につなげることを強調している。

 ブラジル戦から中4日、現地時間8月4日に迎えるリオ五輪本大会初戦ナイジェリア戦のピッチで、30歳ファーストゴールと勝利を引き寄せるプレーに期待したいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/31(日) 8:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。